カンファペットはノロウイルス対策にもおすすめ!人間もペットも安心の消毒液

とくに冬から春にかけて注意が必要なノロウイルス。消毒や感染予防にはちょっとした注意点があるのをご存知ですか?

実は、ペット用消臭剤でおなじみのカンファペットが、ちょうどノロウイルス対策にもなるのです。

今回は、私の実体験をからめて、カンファペットの活用方法のひとつ、ノロウイルス対策についてご紹介します。人間用消臭剤と使い分けているという方は、こちらを参考にカンファペット1本使いも検討してみてください。

カンファペットは人間用消臭剤としても安全に使える!

近年、空気清浄機でもメジャーとなってきた成分、次亜塩素酸ナトリウムをご存知でしょうか。簡単に言うとインフルエンザやノロウイルスなどを不活性化させてくれる成分で、カンファペットの主成分でもあります。

カンファペット って何?という方のために、ちょっと解説します。カンファペットは安全に利用できる消毒剤であり、消臭剤でもあるカンファスイをペット用に改良したものです。

カンファスイもカンファペットも、次亜塩素酸ナトリウムと酸性剤を配合して作られていますが、実はここに秘密があります。従来の配合方法だと、有害な成分に変わってしまう組み合わせなのです。

有害になってしまう次亜塩素酸ナトリウムと酸性剤を、安全なまま組み合わせることのできる新技術を東京の企業が開発。(この技術で東京都から表彰されています)

そのおかげで、ペットにも人間にも安全なのにウイルスや悪臭の原因菌を除菌できるカンファスイやカンファペットが完成しました。

カンファペットはもとをたどると、人間用に開発されたカンファスイから生まれたものです。このカンファスイは多くの食品工場で野菜を洗ったり、工場内を洗浄するのにも使われる安全性の高い衛生水です。

つまり、言い換えるなら「カンファスイから作られたカンファペットは人間にも使える安全性の高い消臭、消毒スプレー」ということ。

実際に私も人間用の消臭剤としてクッションなどに使っていますが、びっくりするほど消臭してくれます。ペット用なので我が家の愛兎が遊んだりなめたりしても問題なし。

難点はアルコール入りではないので、サッと乾くことがないことくらい。まあ、アルコールがあったらあったでペットには危険になるのですが。

我が家ではスプレーして数秒置いてから、ティッシュで軽く拭くようにしています。これだけでも十分消臭効果はありますし、簡単に拭いておくとすぐに乾きます。

ちなみに、ペットショップでよく見かけるペット用消臭スプレーはアルコール配合のものもあるので、購入時は注意してください。私がペットショップで消臭剤を買わない理由はここにあります。

アルコールが入っていないものや人間用のもの(赤ちゃんにも安心と書かれているもの)も、よく見ると危険な成分が配合されていることがあります。

いちいちチェックしてうさぎ用と人間用で分けて買うの面倒だな、という方はカンファペット一本だと楽ですよ。

※人間用消臭剤はうさぎには危険なの?という点を解説した記事もあります。「ファブ○ーズで良いじゃん」と思っている方は、そちらも参考にしてみてください。→→『夏のにおい対策に何故うさぎ用除菌(消臭)スプレーが良いの?~一般用は危険~』へ

カンファペットの殺菌メカニズムはノロウイルス対策にもおすすめ

先日、こんなことがありました。

うちの上司の旦那がノロウイルスにかかってたって
うさぎぱん
え、その人ちゃんと消毒とかしたの?まさかそのまま出勤してきてないよね?
してないよ。アルコール除菌したから大丈夫とか言って笑ってたわ
うさぎぱん
ノロウイルスはアルコールで除菌できないよ。そして君もウイルス付着の可能性があるよ
ど、どうしよ・・・
うさぎぱん
次亜塩素酸な感じの成分・・・、あ、そうだ!確かカンファペットがそれだ!

カンファペット
成分は水と次亜塩素酸ナトリウム、酸性剤だけだよ!
うさぎぱん
カンファペット様ぁああああ

かくして、カンファペットで無事に服も鞄も本人も消毒完了したのでした。(ちなみにファブ○ーズなどは次亜塩素酸ナトリウムが入っていないので使っても効果なしです)

業者がしっかり消毒してくれる場合に比べるとまだまだだと思いますが、毎日カンファペットを全身スプレーしてから家に入っているおかげか、我が家はノロウイルスの感染はありません。

最初は服が傷んだらどうしようかなと心配してました。今のところ服も鞄も傷むことはなく、肌にも何の影響も出ていません。食べ物に使う衛生水なので、肌にも安全というのは本当でした。

カンファペットをふきかけまくった妹の黒い服やコートにもこれといった痛みや変色はありません。ついでに消臭できるので、むしろ一石二鳥になりました。

ノロウイルス患者と直接接したわけじゃないから大丈夫でしょ、と思う方も多いかもしれません。しかし、ノロウイルスはこれくらいの注意が必要なウイルスなのです。

カンファペットでノロウイルス対策するべき理由は?感染経路に注意

どうしてわざわざカンファペットでノロウイルス対策をするべきなの?と疑問に感じる方のために、ノロウイルスの特徴について解説します。

ノロウイルスの特徴を簡単にまとめると、次のような点に注意しなければなりません。

  • アルコール除菌は効果がない
  • 市販の消臭剤も効果がないものが多い(ファブ○ーズやリセッ○ュなど)
  • 単純な手洗いうがいでは予防できない
  • 洗濯しても100%の感染予防にはならない
  • 空気感染で遠くにいる人にも伝染る
  • 感染後は24~48時間は様子を見る必要がある

ノロウイルスを不活性化(活動できない状態)するには、塩素系漂白剤で消毒するか、次亜塩素酸ナトリウムなどで消毒する必要があります。

熱でも消毒できますが、85度以上の熱で90秒以上加熱する必要があり、調理以外ではなかなか難しい方法です。85度以上のお湯に手足をつけることはできませんよね。

手洗いやうがいもしっかり行わなくては意味がありません。サッと済ませてしまう方は要注意。石鹸をつけて爪や指の間もしっかり洗っていますか?清潔なタオルを使っていますか?

自分ではきれいに洗っているつもりでも、意外とウイルスや細菌が残っているものです。洗濯もウイルスを一緒に洗った洗濯物へ付着させてしまうだけで、解決にはなりません。

何より怖いのが、空気感染力の高さです。ノロウイルスが爆発的に流行した年に、こんなニュースがあったのを覚えているでしょうか。

「ホテルでノロウイルス患者が嘔吐したら、その吐いたものに含まれたウイルスが広がり、同じフロアの宿泊客に感染した」

こんなニュースがありました。つまり、ノロウイルス患者のくしゃみ、咳が届くような距離にいて直接その唾液などを吸っていなくても、同じ階にいたというだけで感染の危険があるのです。

しかも感染してすぐに発症するわけではなく、1~2日ほど様子を見なくてはなりません。

私が「上司の旦那がノロウイルスにかかったらしい」と言っていた妹の服や体をカンファペットで除菌したのも、この感染力があったからです。

自作の消毒液でノロウイルス対策は危険!その理由とは

調べてみると、市販の塩素系漂白剤を薄めて除菌スプレーを自作する人もいるようですね。正直、あまりおすすめできない方法です。

というのも、自作だと「どれくらい劣化するか分からない」「濃度が正しいか分からない」「安全性が心配」だからです。

カンファペットのご紹介でも書きましたが、本来、塩素系漂白剤にも含まれている次亜塩素酸ナトリウムは酸性のものと配合すると有害なものに変わります。うっかり酸性の洗剤で掃除したところにふきかけたら大変です。

カンファペットは東京都からも表彰された新技術を使って安全に配合しているため、市販の塩素系漂白剤を使って自作するよりはるかに安全です。

ただ、ここで注意してほしいのが、本当にノロウイルス対策として厚生労働省から推奨されているのは、次亜塩素酸水であり、次亜塩素酸ナトリウムとは少し違うということ。

今回カンファペットが良いよ!と言っているのは、次亜塩素酸ナトリウムもある程度の効果があることと、うさぎがいる家庭でも安心して使えて、他の消臭や除菌にも日常使いができるからです。

実際、大学で効果を実験したところ、ノロウイルスやインフルエンザウイルスを効果的に除菌したそうです。カンファペットの公式サイトにもしっかり検査結果が発表されているので、気になる方は見てみてください。

自作して危険な有毒ガスを発生させるくらいなら、うさぎや人間の消臭除菌にも使えるカンファペットのほうがおすすめですよ。

ちなみに、空気清浄機のような機械でも次亜塩素酸を利用したものがありますが、値段が結構高いです。(例→『パナソニック ジアイーノ 』)

空気中のウイルスに広範囲でアプローチしてくれるので、インフルエンザウイルスやノロウイルスを日常シーンで吸い込んでしまうリスクがかなり低減されるメリットがあります。が、やっぱり高いんですよね。

ここまで本格的な予防は経済的に難しいけれど、何かしら対策したい!というときに、身近なカンファペットは役立ちます。普段はうさぎちゃんなどのペット用消臭剤として使いつつ、人間用消臭剤や消毒液としても使えるのは便利です。

ヘアスプレーや500mlペットボトルくらいの大きさなので、大きい機械を買うよりスペースをとらない点もおすすめです。

ペットにも人間にも安心して使えるカンファペットの効果まとめ

カンファペットは、本来は危険な組み合わせになる次亜塩素酸ナトリウムと酸性剤を新技術で安全に組み合わせることに成功した商品「カンファスイ」のペット用です。

ペット用というと、大抵は犬猫用のものばかりなのですが、カンファペットはうさぎやハムスターなど他のペットにも安心して使えます。

実際に使ってみるとかなりの消臭力を発揮してくれるので、夏にはおすすめです!と言っていたのですが、今回の私の実体験により、冬にもおすすめな商品だということが分かりました。

アルコール除菌では効果のないノロウイルスやインフルエンザウイルスの除菌に高い効果を発揮してくれます。実際、毎日外出のたびに使っていたところ、今のところ感染被害にはあっていません。

吹きかけた瞬間はプールのようなにおい(塩素臭)がしても、数分放置すると消えるのでコートの消臭にも使っています。色落ちもありませんでした。

ペット用消臭剤と人間用消臭剤を分けて使っている方は、カンファペット1本使いを検討してみてください。うさぎちゃんが舐めても問題ない上、ノロウイルス対策にもなる点は本当におすすめです!

☆管理人が今回ノロウイルス対策に使ったペット用消臭剤はこちら☆

カンファペット
>>『カンファペット』詳細へ

※ノロウイルスやインフルエンザは人間の脅威ですが、うさぎの脅威パスツレラ菌にも要注意。パスツレラ菌については以下の記事でご紹介しています。
→→『くしゃみや鼻水を出すうさぎの病気~パスツレラ菌が原因のスナッフルとは~』へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



メニュー
初めてのペットうさぎの飼育方法