うさぎ飼育日記④うさぎの平均寿命は10歳前後!~健康的なおやつになる果物~

本日11月10日は、我が家のうさぎ『はーくん』の誕生日です!

DSC_0307

おめでとう!

以前は、うさぎの寿命はおよそ5~7歳程度だと言われていました。
しかしここ数年のうちにエサや飼育環境が改善され、生態が少しずつ分かってきたことから、寿命が延びつつあります。

最近では10歳~13歳程度まで生きる飼いうさぎが多いようで、うさぎの介護生活を書いたブログも見かけるようになりましたね。
超高齢の部類になる10歳、近年の平均寿命でもある10歳。
我が家のうさぎは今日、ひとつの区切りを迎えたことになります。

といっても、あまり『おじいちゃん』な印象は受けないんですが(笑)

今日も元気に寝言を言ったり、エサをたくさん食べています。

DSC_0303

そんな我が家のはーくんへの誕生日プレゼントは、好物のりんご!
普段よりちょっとだけお高めのりんごです。お口に合うと良いんですが。

うさぎに果物をあげて良いの?

ここで気になるのが、うさぎに果物を与えて良いのか?ですね。
糖分や水分過多で肥満あるいは下痢になるのではないか、と思ってしまうでしょう。

実は、うさぎに与えてはいけない果物も存在します。

与えても良い果物

りんご、なし、パパイヤ、パイナップル、メロン、いちご、バナナ、ぶどう

与えてはいけない果物

蜜柑、グレープフルーツなどの柑橘類、アボカド、ぶどう

他にも存在するかと思いますが、手に入りやすい果物で言うとこのあたりです。
ここで「あれ?」と疑問を持った方も多いでしょう。

そう、どちらにも名が挙げられている『ぶどう』の存在!

実は、ぶどうについては獣医さんの間でも意見が分かれています
犬のように中毒を起こすかもしれないから与えるべきではない、という意見。
少量なら大丈夫だという意見。
うさぎに関しては、どちらもあります。

食べ物については個体差もあるため、一般的には推奨されていないけれどうちの子の好物!ということも珍しくありません。

ぶどうが体に合ううさぎもいれば、お腹を下してしまううさぎも存在するでしょう。
与える際は注意して、最初はほんの一口程度の大きさに切って与えてみてください。
また、種も取り除いておくことを忘れずに。

ちなみに、うちのうさぎは、ぶどうも好物です。
ぶどうを買った日は一粒だけあげていますが、体調を崩したことはありません。
獣医さんでも判断が分かれるように、やっぱり個体差でも分かれるようですね。

勿論、一番良いのは疑わしいものは避けること
とくにうさぎの飼育初心者さんは、果物を与えて良いかどうか獣医さんに相談しましょう。
適切な量も聞いておくと、与え過ぎてお腹を下してしまうリスクも回避できますよ!

果物は必ず与えなくてはならない食べ物というものではないので、無理に購入する必要はありません。

>>うさぎ飼育日記一覧へ



⇒うさぎの冬の寒さ対策をまとめました


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



Menu|うさぎペットの飼育方法
初めてのペットうさぎの飼育方法