うさぎの爪切りはどこで頼めば良い?自宅で爪切りできない場合

うさぎは歯が一生延び続ける生き物として知られています。そのため歯の病気が多く、防止のために牧草やかじり木を適度に与えなくてはなりません。

ついつい歯ばかり気にしてしまいがちですが、もう一つ伸び続けるものがあります。それが爪です。

うさぎの爪は細長く、伸ばし過ぎているとカーペットやケージの床材に引っかかり、抜けたり折れたりします。簡単に怪我をしてしまう箇所です。

今回は、そんなうさぎの爪切りについてご紹介します。自宅では難しい、という場合はどこで依頼すれば良いのかも解説します。

うさぎの爪はこまめに切ろう!放置するとなりやすい怪我

124916

うさぎの爪は猫の爪によくにた形状をしています。違う点は、猫のようにしまい込むことができないこと。そのため伸ばしっぱなしにしていると、怪我をしやすくなります。

<うさぎの爪の怪我>
  • 爪が抜ける
  • 爪が折れる(割れる)
  • 指の脱臼
  • 脊髄損傷

自然界のうさぎは、野原を駆けたり土を掘ったりすることで、生活の中で爪をすり減らして伸びすぎないようにしています。しかしペットのうさぎはやわらかいカーペットの上を駆けたりする程度な上、日中のほとんどを餌さがしの必要もなくケージ内で過ごしています。

結果、どこかですり減らすことはなく、伸び続けています。飼い主がこまめに切ってあげなくてはなりません。

うさぎの爪を伸びたままにしていると、カーペットやケージ内の隙間、トイレの網に引っかかって爪が根元から抜け落ちる事故が起こりやすくなります。うさぎの爪は抜けやすい上、うさぎ自身の脚力が強いことで簡単に抜けてしまうようになっているのです。

綺麗に抜けるならまだ処置も簡単なのですが、爪が変な形に折れたり割れたりした場合は、場合によっては処置が難しくなります。折れた爪でグルーミングをすると、耳を傷つけてしまったりと二次的な事故にも繋がりかねません。

また、爪が抜けるほどの衝撃はうさぎの小さくて細い指の骨にも影響を与えます。指の脱臼や骨折の原因が、長い爪がカーペットなどに引っかかったため、というケースは珍しくないのです。

さらにうさぎ専門店や獣医さんが危惧するのが、脊髄の損傷です。爪が引っかかって抜けるほどの脚力、指が脱臼するほどの力は、うさぎの脊髄にも響きます。うさぎ自身の脚力が原因で脊髄損傷で死亡した例もあり、このことからも爪切りは軽視できなません。

爪が伸びすぎると歩きにくくなって、爪が割れちゃうかもね。と簡単に考えている飼い主さんは少なくないのが現状です。今回ご紹介したように、歩きにくくなる以外の問題や危険もたくさんあることを知っておいてください。

うさぎの爪切りの方法~自宅で切る場合~

爪の放置が危険と分かったところで、では実際に切ってみようと腰を上げた時、困るのが爪の切り方です。この項目で爪切りの方法を簡単にご紹介します。

まず、うさぎ専用の爪切りを用意しましょう。ペット用とひとくくりにされている商品もありますが、サイズの問題も考慮してうさぎ専用のものを選ぶのがベストです。

>>『ドギーマン ウサギのカーブ型つめきり』詳細ページへ

我が家で使用しているのはこちらです。指を入れる場所と刃がごく近く、手元をよく見ながら操作できる上、小さいので場所をとりません。繊細な扱いが必要なので、できる限り小さくて扱いやすいタイプを選びましょう。

うさぎはなるべくタオルやフリースのひざ掛けなどに包んであげます。暴れた時に別の場所を切ってしまわないための安全策です。爪を切る足だけタオルから出して作業します。

この時の注意点が、なるべくうさぎを完全にはひっくり返さないこと。普段と違う体勢になると大人しくなって爪切りはしやすいのですが、代わりにうさぎの体に大きな負担がかかっています。

内臓や血管が圧迫されたり意識が遠のいてしまいます。(大人しいのはそのためです)うさぎの体に負担をかけないよう、普段の体勢に近いままか、体勢を変える際は縦になるお座りポーズまでにとどめましょう。

爪を切るときは、うさぎの爪をよく見て、爪の中にある神経部分を避けて切ります。うすく透き通って見えるピンク色の細い芯のような部分が神経です。あまりギリギリな部分を切らず、最初のうちは5mmくらい残して切った方が安心です。

獣医さんから指導を受けることも可能です。不安な場合はまず獣医さんに最初の一回目を行ってもらい、方法をその場で聞くと良いでしょう。

<神経を傷つけた場合は>

動物病院で購入できる止血剤を塗ります。出血して心配になりますが、人間用の消毒液は厳禁。刺激が強すぎて体調を崩す危険があります。止血剤を塗ると血は止まります。傷を気にするそぶりを見せたり、出血が酷いなど状態が悪い時は動物病院へ。

うさぎの爪切りを依頼する場合~動物病院がおすすめ~

自分で爪切りをするのはちょっと不安、という飼い主さんは、動物病院で処置してもらうのがおすすめです。ブリーダーが開いているうさぎ専門店も良いですが、なるべく避けてほしいのが総合的なペットショップです。

犬や猫など複数の動物を扱っている大きなペットショップでも爪切りサービスがあります。しかし、このような場所での爪切りはおすすめできません。理由は危険だからです。

私も以前はペットショップで切ってもらうのも良いですよ、と紹介していたのですが、現在は違います。うさぎの爪切りは第一に動物病院で、難しい場合はせめてうさぎ専門店で依頼してください。

最初の項目で爪切りをしなかった場合のリスクとして脊髄損傷の例をご紹介しました。この脊髄損傷は、実は爪切りの際にも起こりうるものです。

ペットショップで爪切りをしてもらっているうちにうさぎが暴れ、スタッフから逃げようと足を蹴りだした時などに起こります。うっかりスタッフが足を掴むと脚力が脊髄にダイレクトに衝撃として走ります。うさぎがいた場所が高いトリミング台の上で、そこから落ちたために全身を骨折することもあります。

このような危険があるのが、うさぎに特化していない総合的なペットショップです。うさぎ専門店のスタッフであればうさぎの扱い方は知っています(足を掴んではいけないなど)し、獣医であればうさぎが骨折するような高さの台で作業はしません。

脊髄損傷は寝たきりになるか、最悪の場合は死亡してしまうほどの重症です。危険を避けるには、必ずうさぎについてよく知識を持った人に依頼する必要があります。動物病院であれば、万が一の事故が起こった時もすぐに処置してもらえる環境です。

そのため、爪切りは動物病院で依頼するのが最も確実で安全です。うさぎの治療を多く手がけている動物病院なら、まず嫌な顔をせず引き受けてくれるので、うさぎの診療に強い病院を探しておきましょう。

うさぎの爪切り方法と注意点まとめ

うさぎは定期的に爪切りをしなくては、足の骨だけではなく脊髄にまで影響を与えてしまうような事故の危険があります。定期的に爪切りをしてあげましょう。

難しい場合は動物病院へ。ペットショップでもサービスを行っていますが、安全面を考えるなら動物病院で爪切りを依頼することをおすすめします。

自宅で切る場合は、うさぎ専用の爪切りを使用すること。『ドギーマン ウサギのカーブ型つめきり』のように柄が短いものは手元がよく見え、扱いやすいので失敗しにくいです。

我が家のチビも、こまめに爪切りをしていたつもりでも、トイレの網に足を引っ掛けて爪を怪我してしまったことがあります。本当にちょっとした日常の行動で怪我をします。少しでも危険を減らすため、爪切りは忘れずにしてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



Menu|うさぎペットの飼育方法