うさぎにブロッコリーが良いって本当?サプリメントにも使われる野菜

うさぎにブロッコリー

うさぎの健康食として、ブロッコリーを与えている飼い主さんも少なくありません。といっても、野生に自生していなさそうなブロッコリーを与えて、本当に安全なの?と不安ですよね。

うさぎにブロッコリーを与えても大丈夫なのか、与える場合の注意点やコツはあるのかを調べたので、ご紹介します。

身近にある食べ物でうさぎの健康をサポートしてあげたい飼い主さんは、参考にしてみてください。

うさぎの健康に良い野菜ブロッコリー

うさぎの健康を守るには、毎日の食事に気をつけてあげたいですよね。理想は高品質なペレットを少しと、無農薬で栄養たっぷりな牧草(1番刈りが栄養豊富です)をたっぷり。

といっても、もっとうさぎちゃんに喜んでほしい!食べる幸せを感じてほしいと思う飼い主さんや、少しでも仲良くなりたいと考える飼い主さんは、「ペレットや牧草以外のごはんもあげたい」と思いますよね。

おすすめな食材のひとつが、今回ご紹介するブロッコリーです。

なんとなく、うさぎって野菜なら何でも食べそうなイメージがありませんか?でも実際は食べたら良くないもの、食べられるけれど食べ過ぎると良くないもの、心配なく食べられるものがあります。

たとえば、うさぎが大好きな小松菜やキャベツですが、ミネラルや水分が豊富なので、与えすぎると尿路結石になったり、お腹を壊したりしてしまいます。

また、うさぎはニンジン好きなイメージを持っている人も多いはず。でも実際は、ニンジンが大好きなうさぎちゃんはそんなに多くないんです。我が家のうさぎ達もニンジンより小松菜派でした。

ブロッコリーをおすすめする理由は、この2つの心配をクリアしているからです。うさぎにとって安全で、ブロッコリーを好きな子が多いのです。(もちろん、個体差がありますが)

美味しく野菜を食べてもらえるよう、うさぎちゃん好みの味で、健康にも良いものを選びましょう。

でも、ブロッコリーの何がうさぎに良いの?と疑問ですよね。ブロッコリーをうさぎに与えるメリットについて、次の項目で詳しく説明します!

ブロッコリーの何が良いの?効果について

ブロッコリーは人間にとっても積極的に食べておきたい野菜です。豊富な栄養で免疫力アップにもつながります。

ブロッコリーに含まれる栄養は、たとえば以下のようなものがあげられます。

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • βカロテン
  • スルフォラファン(抗酸化作用物質)

ビタミンCが豊富に含まれており、ストレスによって失われた体内のビタミンCを補うことに役立ちます。抗酸化作用や肌に良いイメージが強いビタミンCですが、体がストレスに耐えるためにも使用されています。

ビタミンEは細胞膜の酸化を防ぐなどのはたらきから、人間にとってアンチエイジングに必要な栄養として知られています。うさぎの場合は、老化予防に加え別の効果も期待できる栄養です。

うさぎはビタミンAの過剰摂取に注意しなければならない生き物です。もちろん、必要ではあるのですが、過剰にとりすぎると内臓や骨、皮膚に異常を起こしてしまいます。

そんなビタミンAの過剰摂取の治療に使われるのが、ビタミンEなのです。

ブロッコリーには一見するとビタミンAが含まれていないように見えますが、βカロテンは体内でビタミンAに変質する成分なので、ビタミンEを一緒に摂取できるのは理想的な形です。

もちろん、だからといってブロッコリーをたくさん与えて良いわけではありません。適切な量の範囲で与えてはじめてうさぎの健康に良い食べ物となります。

ちなみにβカロテンは皮膚や粘膜の抵抗力をアップし、免疫力を上げる効果も期待できる成分です。

ブロッコリーは甲状腺ホルモンに影響を及ぼすと言われていますが、動物病院の獣医のコラムによると、その影響が出るには長期間、毎日たくさんのブロッコリーを摂取しなければならないそうです。

一日の目安量(ブロッコリー1欠片くらい)を時々与える程度であれば、それほど気にすることはありません。尿路結石の原因になるシュウ酸も少し多めなので、結石が心配な方は目安量より少なめを心がけると安心です。

適切な量で適切な与え方をすれば、うさぎの老化予防になるというわけですね!

さらに、近年はブロッコリー特有の成分「ブロリコ」が免疫力をアップさせるとして注目されています。ブロリコはブロッコリーから抽出される成分で、抗酸化作用物質が多く含まれます。

ビタミンや抗酸化作用物質で老化予防とともに免疫力アップの効果も得られるので、おやつにする野菜選びに困っているなら、ブロッコリーを試してみてはいかがでしょうか。

うさぎに与えるブロッコリーは生?ゆでる?

ブロッコリーをうさぎに与える際は、生のまま与えるのが基本です。ゆでると水溶性の栄養分がゆで汁に溶け出したり、うさぎの好きな食感ではなくなってしまいます。

うさぎの健康に良いブロッコリーの与え方は、以下のポイントを守るだけです。

  • 旬の時期に与える
  • 国産のものを選ぶ(有機栽培無農薬だとベスト)
  • よく水で洗う
  • 茎や葉の部分だけを与える

やっぱり栄養価を意識するなら、旬の時期に売られているものを与えましょう。国内での旬は11月から3月ごろにかけてですが、地域の気候によって前後します。

夏場はアメリカなど海外産のブロッコリーが多くなりますが、可能であれば国産のものを選んでください。海外と国内では農薬の基準が異なり、日本では使われないようなものが使われていることもあります。

農薬が気になるブロッコリーを買ってしまった場合は、よく水で洗い流すと表面に付着した農薬をある程度除去できます。

与えるときは茎や葉の部分だけを与えましょう。根とタネはうさぎにとって毒となる成分が含まれています。葉が切り落とされて売られているものもありますが、葉はうさぎが喜ぶのでついているものを買うのがおすすめです。

先端の小さな花が密集している部分については、明言されている資料がありませんでした。ただし、農薬が入り込んでいるリスクや後にタネができることを考えると、与えないほうが無難です。(与えている人もいますが)

ブロッコリーの農薬は専用の衛生水で洗い流そう~カンファペットが使えますよ!~

水でしっかり洗えば多少は落ちるとはいえ、やっぱり体のちいさなうさぎに与えるには、農薬の心配があるものです。国産のものを選ぼうと書きましたが、国産にも農薬は使用されていることが多いので注意してください。

人間用だと酢や塩でもみ洗いしたり、重曹入りの水に浸けておく農薬除去方法もありますが、うさぎ用にはあまり向いていません。気になる方は、野菜も洗える洗剤(衛生水)などを使いましょう。

うさぎ飼いさんなら、カンファペットも使えます。消臭除菌のためのスプレーですが、うさぎが舐めても安全な成分なので、ブロッコリー表面のウイルスや農薬を拭き取るのに使えます。

カンファペットって何?という方のために簡単に説明すると、人間の食品工場で野菜の洗浄などにも使われている消臭除菌水「カンファスイ」をペット用に改良したもので、ペットの体を拭くこともできる安全な衛生水です。

ちなみに、見た目はこういう感じの可愛い商品です。


>>『カンファペット』公式サイトへ

表面にスプレーしてキッチンペーパーでこすり洗いしてから、最後に水でしっかり洗い流しましょう。うさぎに与えられるのは茎や葉部分だけなので、洗う前に房の部分(上部の緑色の部分)をカットしておくと洗いやすいです。

カンファペットが何故安全なのか?については、別の記事で詳しく解説しているので、そちらもぜひ読んでみて下さい。
→→『カンファペットの効果と評判の高さを徹底検証~ペットに安心して使用できる理由~』へ

サプリメントの『ブロリコ』も使えます

いちいちブロッコリーを洗うのも面倒だし、やっぱり農薬が気になる。そんな飼い主さんは、ブロッコリー成分の入ったサプリメントを試してみるのもおすすめです。

たとえば、ブロリコというサプリメントは人間用ですが、ペットにも使用できると明記されています。犬や猫の他、うさぎやフェレットにも与えられるそうです。

ペット用も発売されているのですが、犬や猫が食べやすいようにチキン風味?になっているようなので、うさぎには人間用のブロリコをあげましょう。

ブロリコとは?ペットに与えて良いの?

ブロリコとは、ブロッコリーを主な原材料としたサプリメントです。通常の食べ方では摂取できないような抽出成分をしっかり摂取できるのが特徴です。



>>『ブロリコ』詳細へ

  • ブロリコ成分を摂取できるのはサプリメントだけ
  • 国産のブロッコリーを使っている
  • 季節によって違う収穫地のものを使うので安定供給
  • 原材料がシンプル

ブロリコには、このような特徴があります。

先にブロッコリーの効果で免疫力をアップさせるブロリコをご紹介しましたが、効率よく摂取するにはサプリメントのほうが最適です。実験でもブロッコリーをそのまま食べた場合より効果が出たとされています。

ブロリコは国産のブロッコリーを使用しているので、海外品のような防腐剤の心配がありません。その季節によって愛知県や北海道など、異なる産地のものを使用し、安定した供給を実現しています。

気になるのが原材料です。ブロリコはブロッコリーの他、サプリメントの形を作るための添加物がわずかに加えられているだけのシンプルな内容です。

この添加物は他の錠剤タイプのサプリメントにも一般的に使用されている(麦芽糖など)ので、錠剤タイプのうさぎ用サプリメントを愛用しているお宅なら、おなじみの成分かもしれません。

主食のように毎日たくさん与えるなら問題ですが、たまのおやつに1粒与える程度なら、それほど気にする必要はありません。錠剤なのでカリカリした歯ごたえが喜んでもらえます。

生のブロッコリーを用意できないときに代用品として与えるのもあり。もともと人間用ですし、飼い主さんが愛用しながら時々うさぎちゃんに分けてあげるのも良いと思いますよ!

うさぎにブロッコリーを与えてみよう!健康ケアにおすすめ

余談ですが、ブロッコリーにも花言葉があって、「小さな幸せ」というそうです。小さな幸せを大切な家族であるうさぎちゃんにプレゼントするって、なんだか素敵ですよね。

ブロッコリーをうさぎに与えるときは、以下のポイントを忘れずに。

  • 旬の時期に与える
  • 国産のものを選ぶ(有機栽培無農薬だとベスト)
  • よく水で洗う
  • 茎や葉の部分だけを与える

ブロッコリーが旬じゃない時期や下準備が面倒なときは、ブロリコのようなシンプル素材でできたサプリメントを使ってみるのも手軽ですよ。もとは人間用なので、ときどき1粒あげる程度に留めるのが大切です。

個人的に気になるのが、ブロリコの公式サイトの説明が結構不親切というか、イマイチ効果がどうすごいのか分かりにくいところなんですよね。

ブロリコについてもっと詳しく知りたい!という方は、先に無料の資料請求をしてみてはいかがでしょうか?

↓ブロリコの無料の資料請求はこちらの専用サイトからできるようになっています。↓↓



私も資料請求してみたので、また詳しく検証してお知らせしますね!

ちなみに、うさぎの健康食として与えられるのは、ブロッコリーだけではありません。今後もうさぎに食べさせてあげたい野菜について、ちょくちょくご紹介します!

野菜なら何を与えても大丈夫ということはないので、事前にしっかり調べてから正しい方法で適切な量と部位を与えましょう。

うさぎの健康に良い野菜ブロッコリーをサプリメントで摂取できる
⇒ブロリコ成分を摂取できるサプリメント「ブロリコ」

 

 

「ブロリコ以外にうさぎに与えられるサプリメントは何があるの?」と思った方は、サプリメントについてまとめた記事も参考にしてみてください。症状(体質)別に例もあげてご紹介しているので、分かりやすいと思います。
→→『うさぎにサプリメントは必要?健康寿命を延ばす一工夫』へ

その他、一緒に読んでほしい「うさぎが口にできるもの」関連の記事はこちらです。

☆うさぎにジュースを飲ませてあげたい!果汁100%でも駄目?と思った方へ。
→→『うさぎに与えても良いジュースはあるの?スポーツドリンクなど

☆うさぎの飲み水に水道水は大丈夫?ウォーターサーバーの水じゃないと危険?と不安になった方へ。
→→『水道水をうさぎに与えても良いの?~飼育初心者さんに多い疑問~

☆うわさのシリカ水をうさぎも飲めるよ!という話です。
→→『うさぎがシリカ水(ケイ素水)を飲めるって本当?ペット用飲み水の安全性と効果について

☆ブロッコリー以外の冬あたりが旬の野菜について知りたい方はこちら。
→→『冬のうさぎのエサの与え方と注意点~食べられる野菜もご紹介~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



メニュー
初めてのペットうさぎの飼育方法