うさぎがシリカ水(ケイ素水)を飲めるって本当?ペット用飲み水の安全性と効果について

うさぎに市販のミネラルウォーターを与えるのは危険です。人間にとって嬉しいミネラルが、うさぎの結石などの病気につながるためです。

しかし、最近よく話題となっているシリカ水は、どうやらうさぎに与えても問題ないようです。むしろ健康や毛ヅヤに良いのだとか。

ここでは、シリカ水がうさぎに良い理由や、その安全性について調べたことをご紹介します。普通の水より、やっぱり健康に良いものをうさちゃんに飲ませてあげたい!という方へ、参考になると嬉しいです。

話題のシリカ水(ケイ素水)とは?

いま、シリカ水(ケイ素水)が健康面でも美容面でも話題となっています。その理由は、シリカ水を飲むと爪や髪にツヤが出たり、体作りに役立つと言われているから。

シリカは日本ではケイ素(珪素)とも呼ばれている成分です。爪や髪、骨など体を作るあらゆる部位に含まれていますが、体内で生成することのできない貴重な存在です。筋肉など柔らかい部分にも含まれています。

つまり、健康や美容に良いと言われているのは、体のもととなる成分「シリカ」を摂取することで、健康的な体を作るからなんですね。

家に例えると、十分な材料があると頑丈な家を建てられるのと同じ。材料が少ないと、見た目を何とかとりつくろっただけのボロボロな小屋しか作れません。

日本珪素医科学学会によると、シリカは細胞のミトコンドリアを増殖させてエネルギー代謝を作り出すそうです。不足すると発育障害、皮膚疾患、関節や骨の形成不全、頭蓋骨の異常などが起こる可能性もあると発表されています。

シリカとカルシウムの違い

シリカと同じく、骨に重要な成分として知られるカルシウム。どちらもミネラルに分類されますが、実はシリカのほうがカルシウムよりも骨を丈夫にすることをご存知でしょうか。

シリカを多く摂取した場合とほとんど摂取しなかった場合の骨密度を調べると、シリカを多く摂取した場合のほうが骨密度は高かったというデータがあります。

そのデータを発表した研究チームは、カルシウムよりもシリカのほうが骨に与える影響は大きいと見ています。

ちなみに、シリカによる体への影響は、人間だけでなくマウスでも実験されていました。この実験などにより動物にとってもシリカが重要な成分だということが分かっています。

シリカ水(ケイ素水)をうさぎが飲んでも危険はないの?

気になるのが、うさぎへの影響。シリカはカルシウムとは異なる成分ですが、うさぎに与えても良いのでしょうか。

カルシウムは取りすぎると尿路結石などの危険があります。そのため一般的なウォーターサーバーやミネラルウォーターといったカルシウムが多く含まれる水は与えてはなりません。

カルシウムのように、シリカも過剰摂取による副作用や病気の危険はないのでしょうか。

調べてみたところ、過剰摂取しなければ心配する必要はないことが分かりました。というのも、実はうさぎにとってシリカはとっても身近な成分なのです。

うさぎとシリカの意外な関係~チモシー牧草でシリカを食べている~

うさぎは日常的にシリカを摂取しています。実は、イネ科の牧草であるチモシーにはシリカが含まれているのです。(マメ科のアルファルファは当てはまりません)

イネ科の牧草を育てるのに必要な肥料に、シリカ(ケイ素)が含まれていることが関係しています。といってもケイ素は単独で自然界に存在しないため、酸素と結合したケイ酸という形で含まれています。

ケイ素と酸素の化合物であるケイ酸は植物の病害を防ぎますが、もともと自然界に存在していることから、イネ科植物に影響を起こしません。

窒素やリン酸、カリウムなどと混ぜた肥料を使うと、これらの成分をケイ酸が調整してくれるので、果物が甘く熟す効果もあります。

そんなケイ酸がたっぷり含まれた牧草を日常的に摂取しているため、うさぎにとってシリカは意識して除こうとする必要のないものです。

余談ですが、牧草など葉が硬くて指を切ってしまうことがあるのは、植物に含まれるシリカが原因だそうです。植物に含まれるシリカを集めてガラスを作ることからも、シリカの身近さと丈夫さが分かります。

うさぎ専門店でもシリカ水(ケイ素水)は販売されていました!

人間用ミネラルウォーターで近年話題のシリカ水ですが、うさぎ専門店でも取り扱いがありました。

『SILI-K(シリー・ケイ)』という商品で、濃縮されたシリカを飲み水に混ぜて与えることができます。

>>『水溶性珪素濃縮液<シリー・ケイ>(SILI-K)100ml』詳細へ

ちなみに、こちらのボトルです。

うさぎ専門店のスタッフさんの中には「爪にツヤが出て、毛並みも良くなる」と継続利用している方もいます。サプリメント(健康食品)なので、1回だけ与えるよりも継続して利用すると効果が出やすいです。

うさぎの1日の摂取量は10滴ほどで良いので、1本買うとかなり長持ちしそうです。飲み水に混ぜるほか、フードやおやつに混ぜたり、ブラッシング時に毛に10倍に薄めたものをスプレーで吹きかけるのもOK。

フードやおやつに混ぜる時は、いわゆるペレットのようなドライフードではなく、野菜やフルーツなどにかけましょう。

水分が多くて冷たいものを食べ過ぎるとお腹を壊すので、シリカ水をあげるために野菜やフルーツばかりの食事に変える必要はありません。普段は野菜などを与えていないのなら、飲み水に混ぜて与えてください。

基本的に、飲み水に混ぜる以外の使い方(スプレーするなど)では、10倍に薄めてから使います。原液のまま使わないでください。

シリカ水をうさぎに飲ませる時の注意点~選び方が重要~

うさぎにとって身近なシリカですが、「とりあえずシリカを与えておくと健康になれる!」わけではありません。

日本で生活用水のシリカ濃度が最も高い地域は、鹿児島県霧島市周辺です。この周辺では、シリカ尿結石を発症する犬の割合が、他地域に比べて高いというデータがあります。

シリカ水を用いた実験では、シリカが直接的な原因であるという結果にはなりませんでしたが、関係がないとも言い切れないそうです。

あくまで犬の例とはいえ、うさぎも注意すべきです。うさぎは体が小さいので、ごく小さな結石でも重症におちいるかもしれません。

うさぎにシリカ水を与える場合は、濃度に注意してください。

たとえば、シリカがたっぷり入った人間用のミネラルウォーターが多く販売されていますが、これらを直接うさぎに与えるのは止めましょう。高い濃度となっている上、多くの商品にはカルシウムも配合されています。

うさぎが尿結石をわずらう原因が、カルシウムの過剰摂取やうまく排出できなかったことによるカルシウムの体内での停滞です。犬もカルシウムが原因で尿路結石になることがあります。

霧島市周辺で採水できる人間用のシリカ入りミネラルウォーターにもカルシウムがたっぷり含まれていることを考えると、シリカが原因というより、カルシウム入りの水を飲んでいることが犬達の結石の原因かもしれませんね。

シリカ水を与える際は、カルシウムなど過剰摂取するとうさぎの体に良くない成分が入っているものを避けなくてはなりません。基本的にミネラル類があてはまるので、マグネシウムやバナジウムなども要注意です。

購入するなら、うさぎ専門店にあった『SILI-K(シリー・ケイ)』のように、専門家が使っているものがおすすめです。

シリカ水(ケイ素水)がうさぎの飲み水に良い理由まとめ

シリカはもともと自然界や人間の体にも多く含まれている成分です。筋肉や骨などあらゆる部位を作るのに欠かせない成分で、うさぎの体にも存在します。

うさぎはチモシーで普段からある程度のシリカを摂取していますが、より毛や爪などのツヤを良くしたいのであれば、シリカ水を与えてみてはいかがでしょうか。

>>『水溶性珪素濃縮液<シリー・ケイ>(SILI-K)100ml』詳細へ

複数のうさぎ専門店でも取り扱いのある、こちらの濃縮型シリカ水なら、かなり長持ちしますし、安心して使えます。

市販や通販で購入できる人間用のシリカ入りミネラルウォーターは、うさぎの尿結石の原因となるミネラル類も含まれているため、絶対に与えないでください。

※シリカ水の他、日常的にうさぎに与える水の安全性について知りたい方へ。ウォーターサーバーの水は与えて良いのか、こちらの記事で解説しています。
→→『うさぎの飲み水にミネラルウォーターやサーバーの水は安全?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



メニュー
初めてのペットうさぎの飼育方法