我が家のうさぎが動物病院で殺されました。

こんにちは管理人のうさぎぱんです。タイトルのとおり、先日、動物病院で起きた事故により、我が家の愛兎はーくんが3月5日に永眠しました。

今回事故を引き起こした動物病院の対応があまりにもお粗末というか、非道というか、とにかく許せない対応だったため、ここに残しておこうと思い、記事にしました。

同じような経験をされた方、うさぎを飼育されている方、少しでも参考になると嬉しいです。

※かなり長いです。

うさぎが動物病院で事故にあった経緯

半年ほど前、はーくんの頬にちいさなできものを発見。ちょうど頬の一番太いヒゲが生える場所だったため、最初はヒゲが生え変わるタイミングで埋没毛のように皮膚下に埋まってしまったのかな?と思いました。

念のため病院へ。この時に行ったのは最寄駅のすぐ隣りに新しくできた動物病院でした。というのも、それまでお世話になっていた動物病院が(今回事故を起こした病院)院長しかうさぎを診れない病院だったのです。

それだけなら良いのですが、言ってしまうと近所でも評判のとにかく知識不足な病院でして。「簡単な症状ならここで良いけど、重症は他所じゃないと無理よね」と言われるような病院でした。

ちょうど良いタイミングで隣駅に新しく動物病院が開業。しかもうさぎも診療可能と口コミサイトで書かれていた上、そちらの方が近かったので、これを機に病院を換えてみようかと受診。

獣医師からは「安易に手術するとうさぎにとってストレスとなる。緊急を要しないようなので、しばらくは様子見をするように」と言われて帰されました。

確かに診察してくれるけれど、こちらが質問しないと説明してくれないし、全体的に「うさぎは儲からないからさっさと終わらせよう」という態度だったので、二度と行かないことを決めました。

が、今思えば、たとえ獣医師がそっけなくても事故対策に床で診察してくれたりした分、こちらの病院に換えておけば良かったです。少なくとも事故が起きたとしても、即座に対処してくれたかもしれません。

半年後、事故のきっかけとなる異変

様子見するようにと言われ、定期的にできものの様子をチェックしながら家で過ごさせていた半年後。ふと頬のできものを見てみると、表面に細い血管が走っているのが見えました。

半年前はなかった血管。実はできもの自体が少しずつ大きくなり、直径2ミリくらいだったものが5ミリくらいにまで膨らんでいたのですが、今では血管まで走る始末。

さすがにこれは放置できないのでは?と病院へ行くことに。

私は「細菌性の場合、脳に細菌が入って発狂して突然死することがある」という獣医師のブログを読んだ後だったので、余計に心配でした。放置しかないとしても、とにかく緊急性がないかどうかだけ知りたかったのです。

この日、妹が休日で私が仕事だったため、仕事帰りに急いで行くことにしました。とりあえず妹に「今日帰ったらすぐにはーくんを動物病院に連れて行く」と伝えておきました。

我が家は家庭の事情があって兄弟のみで暮らしており、そのため、夕食だけは一緒に揃って食べようと家族(兄弟)の時間を作るようにしていました。この日はうさぎを病院へ連れて行くため、夕食に遅れると伝えるつもりでメールしたのです。

が、休日だった妹が「私が連れて行っておくよ」と申し出てくれました。この時に頷かず、妹が不機嫌になるのを承知で断っておけば良かったです。実際は不機嫌になる妹が面倒で、ついつい頼んでしまいました。

仕事後すぐに合流できるよう、私が仕事を終える時間に病院へ向かってもらうように指示。この時に妹が向かったのが、以前通っていた動物病院でした。

ここに向かった理由は、新しく通おうと思っていた動物病院の印象が良くなかったのと、それまで通っていた以前の動物病院がホームページをリニューアルし、スタッフに小動物専門の獣医師が加わっていたことが理由です。

院長以外にもうさぎを診られる獣医師が増えたのなら、(言い方は悪いですが)治療レベルが低いと言われていたこの動物病院でも大丈夫かな、と期待したのです。

しかも毎回混雑する(近所に他の動物病院がないため)動物病院で、きっと順番待ちをしている間に私が合流できるだろう、と安易に考えてしまいました。

が、この日に限って患者が少なかったらしく、私が通勤特急(一番早い電車)の電車に乗り、駅から走って向かっても、ついた頃には診察が終わっていました。

診察が終わった後、すぐにキャリーケースに戻されたらしいはーくん。私が診察室に入った時には既にキャリーケースに入れられ、ふたも閉じられていた状態です。診察の結果、頬のできものは、やはり様子見すべきだとのことでした。

  • 悪性か良性か判断できない
  • 高齢なので検査自体がストレスになる可能性
  • 緊急性は感じられない
  • 高齢なので無理な治療は危ない

という理由で、ストレスを承知で手術するか、様子見でしばらく放置するかのどちらかでした。とにかく緊急性がないのであれば、無理にストレスをかけさせることもないだろう、と私は様子見を選択。念のため塗り薬をもらって帰宅することにしました。

獣医師からは「ちょっと怖くて腰が抜けてますが、しばらくすると戻りますよ」と言われましたが、実際はこの時すでに、はーくんの下半身は事故でボロボロになっていたようです。

帰宅してキャリーケースからはーくんを抱き上げた時、明らかな違和感。いつもより軽い。

どうしてだろうと下半身を見ると、力が入っていないのがひと目で分かるようにブランブランと揺れていました。腰が抜けているとは違うと素人の私でも分かるような異様さ。

慌てて動物病院へ戻り、診察を受けました。その時も「高齢だから」「暴れると危ないから」と何かと理由をつけてろくな検査もせず帰されました。受けた処置は痛み止めを腰に打つだけで、「一晩様子を見て明日来てください」とだけ。

帰ってもずっと下半身は動かないままで、はーくんは前足だけでケージ内を移動。痛みは感じないらしく、下半身の異常を気にするそぶりは見せませんでした。

とにかく色んな可能性を考え、片っ端から下半身不随になったうさぎちゃんの介護方法を調べながら様子を見、一晩を過ごしました。

調べていると中には動かなくなった自分の脚を骨が見えるまで噛む子もいると書かれていたので、こまめに足を噛んだりしていないかチェック。また、足が変な方向に向いていた場合はすぐに移動させたりしました。

とにかく悪化しないように、と気をつけていたつもりでしたが、次の日に再び動物病院へ行く頃には、かろうじて動いていた尻尾も動かなくなっていました。

動物病院での事故の翌日

時間が来たらすぐに動物病院へ。獣医師は相変わらず「高齢だから」と年齢を理由に検査すら渋ります。さすがに不信感が膨れていた私は、「とにかくできること全部してほしい」と検査を希望。レントゲン撮影が行われました。

レントゲンを見ても、獣医師は「よく分からない」とふざけたことを言います。レントゲンを見る限りじゃ骨折ではない(つまり自分のせいじゃない)というようなことを言い続け、ろくな処置もされません。

「うちより設備の充実した病院があるので、遠いけど行ってみてください。検査費用は後で出しますから」と別の病院へまわされることに。市内のタクシーでしか行けない遠い病院へ行き、CT検査を受けることになりました。

CT検査の結果、背骨の腰に近い部分が折れていることが判明。見せてもらいましたが、正直「レントゲンでも分かるレベルの骨折」でした。

え?これで「原因は分からない」とか言ったの?あいつ。と、もう怒りしかありません。

しかも、設備が充実した病院で言われたのは「うちでもこの手術は無理です」でした。かといって手術せずにいると、高い確率で死亡するとのこと。

いやだいやだどうするどうする、はーくんが死んじゃう。ショックのあまり事故を起こした動物病院への怒りすら忘れていると、希望となる一言が。

「遠いけど、隣県にうさぎの手術で一番頼りになる獣医がいる。こういった骨折の子をたくさん救ってきた人」

と、K動物病院を紹介してもらいました。遠くても良いから行きたいと告げると、その場でK動物病院さんへ連絡。間の悪いことに、その獣医(院長)は出張中とのことでしたが、翌々日に帰ってくるので、すぐに診てもらえるように手配してくれました。

そのことを事故を起こした動物病院へ伝えると、獣医師は「分かりました。治療を続けてください」とだけ。

人のうさぎを下半身不随にしておいて、謝罪もないのか?しかも、こちらから連絡するまで何のアクションもないってどういうこと?と、獣医師の悪びれない様子に怒り倍増。

これは場合によっては裁判も起こさねば、と、録音機器を持って動物病院へ。

事故を起こした動物病院の対応

診察日までうさぎは家で安静にしつつ、証拠集めは早い方が良いと私は妹を連れて事故を起こした動物病院へ行きました。

直前に診察を見ていた妹からの聞き取りで、看護士がうさぎを抑えていた時に暴れたこと、その後うさぎの様子がおかしかったが、獣医師が「腰が抜けているだけ」と何もしなかったことを知っていました。よって看護士と獣医師をそれぞれ呼び出し、聞き取り調査。

看護士の話によると、

  • 病院のマニュアル通り毛布で包んでうさぎを持った
  • 足が動かないようにはしていないので暴れた
  • 口の中を診察する際に暴れた
  • 毛布に包んだままキャリーケースへ戻した
  • その際に異常を感じたため獣医師に確認した
  • 獣医師は足を軽く触っただけで「異常なし」と判断した

以上のことが分かりました。いざという時の証拠とするため録音しつつ、意識して冷静に確認しました。結果、看護士は真摯に答えてくれ、きちんと謝罪もしてくれました。

ただ、こちらが呼び出すまで遠巻きに見ていただけで、正直「自分から様子伺いするなり謝罪するなりしろよ」とも思いましたが。他の関係者が軒並みクズだったので、看護士はきちんと謝罪してくれたことから謝罪を受け入れることにしました。

問題は獣医師と院長です。

看護士から聞いたことを伝え、何故専門家なのにきちんと確認しなかったのか、何故明らかにおかしい下半身の状態を異常なしと判断できたのかを獣医師に問いただしました。

返ってきた答えは、

「足を体の下に入れたらそのまま入ったから、大丈夫だと思った」

でした。うさぎを見られる獣医師だと言いながら、暴れたうさぎが骨折している可能性も考えず、ろくに確認もせずに安易な判断をしたのです。

しかも、抱き上げて診ることもせず、足を体の下に入れたら入ったから大丈夫だと判断した、と。本当にこれが獣医師なのかと疑ってしまいました。看護士が感じた異常を軽視するとは、知識不足以前の問題です。

加えてこの獣医師、こちらが何度か「ところで謝罪は?」と促すまで、謝罪すらありませんでした。レントゲンですら簡単に分かる骨折を見逃したことも問題ですが、それ以前に事故を起こしておいて謝罪すらないとは。

その謝罪や聞き取り調査の時も、ことあるごとに「高齢だから」と自分のミスをうさぎの高齢のせいにする卑怯さにも閉口。本当に、よくそのレベルでうさぎも診察できると言えたものだと呆れました。

確かに我が家のうさぎは高齢ですが、だからといって異常を見逃して良いことにはなりません。たとえ高齢で骨がもろくなっていたことが骨折の原因でも、病院内で異常が起こったのであれば、きちんと診察するべきではないでしょうか。

とくに今回は、看護士が直接「様子がおかしい」と獣医師に言っています。それを軽視しておいて、「高齢だから仕方ない」という結論になるでしょうか。とにかく、話せば話すほどに人を不快にさせる天才だなと思わせる獣医師でした。

別の動物病院でうさぎの手術へ

翌々日、ようやくK動物病院へ。それまでにインターネットで多くの飼い主さんの経験談を見ており、同じく背骨の骨折で手術をK動物病院で受け、生還した子の飼い主さんのブログもたくさん読みました。

介護についても調べ、たくさんタオルやペットシーツを買い込み、万が一下半身にマヒが残っても、帰ってきてすぐに介護できるように準備万端。

はーくんにも「はーくんの可愛い足が動かなくなっても大丈夫だよ。動きたくなったらお尻持つから言ってね」と何度も言い聞かせました。伝わったのか、病院に行く前日には「ちょっとお尻持って」とこちらを見てくるようになりました。

腰に負担がかからないよう、はーくんのお尻を持って移動を手伝ったり、ペレットや野菜、水を口元へ運んだりしました。とはいえ、手術前なので、余計なことをして悪化したら怖いです。ケージ内での最小限の移動にしました。

もし手術後にマヒが残っても、悪化の心配をせずにお尻を持ってあげられるようになれば、それで十分だと考えていました。下半身不随なので糞尿も垂れ流しでこまめな拭き取りが必要でしたが、手術後は悪化の心配をせずにもっと綺麗に洗ってあげられるね、と考えていました。

正直な話、11歳という高齢なので、いつ介護が始まっても当たり前だと思っていました。むしろ介護が必要になるくらい長生きしてくれると良いな、と介護を楽しみにすら思っていたのですが、こんな形で介護を経験することになるとは想像すらしていませんでした。

そんな気持ちもあり、K動物病院で院長先生に「手術しても下半身はマヒしたままかもしれない」と言われた時、迷わず「介護するつもりなので、なるべく長生きできるような治療をしてほしい」と伝えました。

実は、手術以外は

  • 放置して自然治癒を待つ(痛みでうさぎが動いて悪化、2週間以内に死亡する確率が高い)
  • 安楽死

しかないと言われました。安楽死なんて嫌だし、何もしないで痛がらせたまま死なせるのは嫌だったので、手術を希望しました。

介護の覚悟があることを伝えると、院長先生も「できるだけのことはする」と言ってくださり、最後に先生の元へ引き取られた下半身不随のうさぎちゃんを見せてくれました。

先生のうさぎは小学校で飼われていたうさぎが下半身不随になり、運び込まれたうさぎとのこと。手術をしても治らず、うさぎを連れてきた小学生から先生が引き取ったそうです。

とても元気な子で、前足だけで走り回るそのうさぎちゃんを見て、「はーくんも頑張って上半身ムキムキにならないと!」と希望を持てました。

手術は翌日行われ、成功したことを教えてもらいました。次の日に会いに行くと、手術直後でとても眠そうなはーくん。手術前は腰を折ってもパッチリと開いていた目が、その日は辛そうに半目状態になっていました。

たくさん話しかけて、「今日はもう帰るね」と言うと、とたんにパッチリと目を開けてくれました。またすぐに会いに来ることを伝え帰ったのですが、これが最後に生きているはーくんを見れた時間でした。

動物病院より死亡の連絡

院長先生から手術は成功したが、1週間は様子を見る必要がある。油断できないと言われていました。が、2羽目の我が家のうさぎチビも手術を経験しており、その時と同じような様子だったので、あまり心配していませんでした。

私が休みだった日にお見舞いに行こうかと思っていたのですが、妹と「明日一緒に行こう」と約束していたので、我慢。明日になったら会えると楽しみにしていました。

が、次の日にお見舞いに行こうと用意をしている時に、病院から連絡が。嫌な予感がしつつ出てみると、はーくんが30分前に息を引き取ったと言われました。

それを聞いた途端、妹との約束なんて放って前日に一人で会いに行けば良かったと後悔しました。人間にとってたった1日でも、うさぎにとってとても長い時間です。ずっと長い時間知らない場所に放っておかれて、それだけでもかなりのストレスだっただろうと思います。

動物病院も忙しいから。妹と明日行く約束したから。そんなこと関係なしに、毎日会いに行けば良かったです。そうすれば、もしかしたら衰弱せずに頑張ってくれたかもしれない。

11年間、私が大学生の頃からずっと一緒にいてくれた大事な子を、最後の最後に寂しい気持ちのまま逝かせてしまったのが申し訳ないです。

あの時、あんな病院(事故を起こした病院)に行かなければ良かった。妹なんかに任せるんじゃなかった。はっきり「自分が行くまで呼ばれても診察室に入らないで」と言っておけば良かった。そもそも、頬のできものなんかに気付かなければ良かった。たくさんの後悔があります。

うさぎを飼っている人は、たとえ同居している相手でも、うさぎを任せたりしないでください。私のように大事な存在を失ってしまうかもしれません。

うさぎをペット葬儀屋で火葬

愛兎はーくんは、私が初めて自分で選び、自分でケージなどのグッズを用意し、自分でペットショップから連れ帰った子です。

いわゆる毒親というものの元で育った私は何となく「自分が子供を持ったら虐待の連鎖が怖いから止めておこう」と思っていたため、私にとってはーくんはペットというより子供のような存在でした。

何も知らないうちから調べながら飼ったので、はーくんにとって怖いこと、してほしくないことも知らずにしてきたと思います。それでもずっと健康でそばにいてくれて、嫌うどころか甘えたり我がままを言ってくれたりしました。

はーくんが亡くなって動物病院から連れ帰った後も、インターネットの「死んだペットが生き返った」という体験談を読んで生き返ってくれる瞬間を待っていました。

本当はずっと待っていたかったのですが、まだ寒いとはいえ季節は春。だんだんと変わっていくはーくんの体に、仕方なく火葬することに決めました。

はーくんを火葬したのは、以前にチビの火葬でお世話になったメモリアル想さん。仲の良かった弟分と同じ場所で火葬できたので、天国で逢えていると良いのですが。

こちらの火葬場は、おもちゃも可能な限り一緒に火葬してくれるので、お気に入りだったヒツジのぬいぐるみと大好きだったりんご、いつも食べていたペレットとお花を一緒に燃やしました。

個人的な意見なのですが、ペット火葬はやはりきちんとした火葬場で行う方が良いと思います。他の人に見られず、ゆっくり最後のお別れができますし、小さいお骨も落ち着いた場でしっかり拾ってあげられます。

火葬後はお骨を持ち帰り、チビのお骨の隣りに置いてあげました。

うさぎの事故を起こした動物病院の院長の対応

火葬後、それまでの治療でかかったお金を請求しに領収証の束を持って事故を起こした動物病院へ。

ちなみにこの時まで、動物病院からは一切積極的なアクションは何もありませんでした。獣医師からかかってきた電話もこちらから「事故を起こしておいて何の連絡もなしですか?」と促してからの連絡しかありませんでした。

しかも、手術が成功したと連絡したとたん、その後は何の連絡もなく、まるでなかったことにされた印象です。

通常の会社であれば、クライアントに損害を負わせた場合、逐一状況確認の電話を(被害者から促さなくても)してくるのが普通ですし、責任者から改めてお詫びや様子伺いの電話が来るのが常識ではないでしょうか。

にも関わらず、事故を起こした動物病院からは、獣医師からも院長からも何もありませんでした。

このことで、

  • 事故を起こしたこと
  • 事故直後に異常を軽視したこと
  • 謝罪を促すまで謝罪すらなかったこと
  • 事故をうさぎの高齢のせいにしたこと
  • 高齢を理由にろくな治療もしなかったこと
  • 転院後に促すまで連絡すらなかったこと
  • 院長から何の連絡もないこと
  • 手術成功の連絡後また連絡をよこさなくなったこと

と、たくさんの不満があり、この動物病院には不信感しか残っていません。

とはいえ、K動物病院の院長からさとすように「飼い主も辛いが、事故を起こした獣医師も辛いはずだから、あまり責めないであげてほしい」と言われていたため、誠意を見せてくれれば許そうと思っていました。

それが、まさかこちらの予想を裏切るほどのクズだったとは、本当にがっかりです。

上記のような不満がありましたが、それでもこの時点では「誠心誠意謝ってくれればそれで終わらせよう」と思っていました。少しでも獣医師が後悔しているのなら、院長が謝ってくれるなら、と。

が、いざ動物病院へ行ってからの一言目が獣医師の「あ、どうもー」でした。しかもその後ろには院長がいるのに、こちらを無視して作業しています。普通は真っ先に来て謝罪するものではないでしょうか。

この光景でついに「ああ、こいつら全然反省してないな」と分かった私は、うさぎが死亡したことを伝えました。

獣医師は院長に向かって「あの子死んだそうですよ」と他人事のように言います。ようやくこちらに来た院長は、謝罪すらせず、「ああ、そう」とだけ。

私はまず、「ここで事故が起こったのに、何故うさぎが死んだことを知らないのか?何故連絡もよこさないのか?」と質問。返ってきた答えは、「手術が成功したって聞いたから大丈夫だと思った」でした。

完全に反省していません。それどころか、自分が引き起こした事故の顛末すら気にしていませんでした。もし私が加害者であれば、手術を引き受けてくれた動物病院へ逐一電話をし、様子を聞くと思います。

が。この事故を引き起こした獣医師はそれすらもしていなかったそうです。もちろん、院長も何もしていませんでした。事故が起こってからはーくんが亡くなるまで1週間ほどありましたが、その間に院長から電話も謝罪もありませんでした。

院長が何もしなかった理由は、「自分が事故を起こしたわけじゃないし」「自分のところで治療していたわけじゃないし」「他所で手術が成功したって聞いたし」だそうです。

自分の雇った獣医師が事故を起こしたにも関わらず、責任者としての謝罪や状況確認すら怠っていました。全ての理由は自分には無関係だから、と。責任者の言うことではありません。

責任者なのに謝罪すらしないのか?と何度も言いましたが、返ってくるのは↑のふざけた回答のみ。自分が診ていない患者であれば、部下が引き起こした事故も無関係だそうです。

謝罪すらなく、「責任はとるよ」と偉そうにふんぞり返った姿勢で、すねた表情と声で言ってきました。謝罪すらしない奴がどう責任をとるのか、と呆れた私は「じゃあうさぎを生き返らせてください」と言いましたが、もちろん無理です。

どんなに言葉を変えて「あなたの病院で事故が起こり、そのせいでうさぎは手術する羽目になり死んだ」と事実を伝えても、自分が治療したわけではない(から責任はない)の一点張り。

ようやく別のことを喋ったかと思うと、「僕はたくさんの動物を救いたいと思って頑張ってきた。今あなたが見ているのは本当の僕じゃない」という謎の自己アピール。武勇伝でも語りそうな勢いです。

思わず「いやあなたの武勇伝とか興味ないんで。うさぎを生き返らせてください。もしくはちゃんと謝罪してくれませんか?」と返しました。またすねる院長。

部下の不始末を謝罪することすらできないなんて、経営者として無責任にもほどがあります。これはさすがに裁判しかないかな、と思っていると、院長の娘が登場。

まったくの無関係なのに、事故を引き起こした獣医師よりも真摯に謝罪してくれました。院長にも謝罪を促しますが、それでも「僕は治療してないし」としか言わない院長。

娘さんと何度も言葉を変え説明し、ようやく渋々と謝罪をしてきましたが、明らかに心のこもっていない謝罪。これはもう駄目だな、と判断した私は娘さんに請求書を預け、帰ることに。

次の日に治療費を振り込んでくれたので、確認したことを院長の娘さんに電話で伝えましたが、この時も獣医がやってくれました。

後で逆恨みされても面倒なので「今回のことで獣医をクビにしないでください。反省しているなら研鑽を積んで頑張ってほしい」と伝えると、電話口に出てきた獣医師は明るい声で「有難うございます!他のうさぎが何かあったら診るのでぜひ来てくださいね!」と。

それまで「もう面倒だから許すか」と思っていましたが、この一言でやっぱり反省していないな、コイツ獣医辞めれば良いのにと思いました。

自分のうさぎを殺した人間のところに、別のうさぎを診せに行くわけないだろう、と。チビやはーくんが亡くなった今はうちに一羽もうさぎはいないし。よくそんなことを言えるなと怒りが再燃してきました。

次の日に院長から手紙も届きましたが、謝罪内容は「来てくれたのに素直に謝れなくてごめんね!本当の僕は動物のことを第一に考えているんだよ!」という内容の自己弁護ばかり。やはり事故が起きたことに関しての謝罪はありませんでした。

それまでは「ちょっと知識や技量が頼りないけど、院長は動物想いの優しい先生だから、軽い症状ならここが一番」という口コミに頷いていました。が、今は間逆です。

その院長が何よりのクズでした。本当にここに動物病院の名前を書いて、声を大にしてたくさんの飼い主さんに伝えたいくらいです。あそこだけは絶対に行かないで!と。

そうそう、ちなみに振り込まれていたのは実質の費用のみです。慰謝料などは全く加わっていないことを、ここにしっかりと書いておこうと思います。

また領収書も返却された点を見ると、保険会社にも秘密で処理したのかなと勘ぐっています。つまりもみ消しですね。

今後について

このサイトはこれからも続けようと思います。これまではーくんと生活していた時のことでお役立ち情報があればお知らせしたいですし、今後もたくさんのうさぎ飼いさんの役に立っていけるよう、新しい情報集めを頑張ります。

事故を起こした動物病院の対応は上記の通り、最悪でした。正直に言えば訴えたいのですが、治療費の返金を受けてしまった今、はたして訴えることはできるのか・・・。和解が済んだと判断されそうで困っています。

ここまでクズだとは思っていませんでした。犯罪者になるつもりはないので、こちらから何かをすることはありませんが、正直潰れてほしい動物病院です。

逆に、K動物病院を紹介してくださった春○○動物病院、そして高齢を理由にせず、手術をしてくださったK動物病院には感謝しかありません。

K動物病院からは可愛いお供えのお花もいただきました。はーくんのケージの中に飾っています。本当にこの2院にはお世話になりました。

今うさぎを飼っている飼い主さん、これからうさぎを飼おうと思っている方。私のような非道な動物病院の被害にあわないよう、診察時はうさぎから片時も目を離さないであげてください。

私のうさぎは、あの動物病院で事故さえ起こらなければ今も生きていましたし、手術を受ける必要すらありませんでした。私のうさぎを殺したのは事故を起こした動物病院です。

何か変だなと思ったら、多少遠くても質の良い動物病院へ。

もし新しくうさぎを診られる獣医師が入ってきたという情報があっても、安易にそこへ行っては駄目です。知識不足かもしれないし、私の例のようにうさぎに多い事故を隠蔽しようとする獣医師に遭遇するかもしれません。

新しい獣医師や病院へ診せる時は慎重に。他の患者や飼い主さんに対する対応もチェックしておきましょう。

最後に。

はーくんを安易に妹なんかに預けた私自身のことも自分で恨んでいますし、自分が診察シーンを見ていながら異常に気付かず、飼い主より先にはーくんの死に涙を流した妹の白々しさも恨んでいますし、何より事故を起こして無責任なままの獣医師や院長は本当に心の底から恨んでいます。

二度とあのような事故、あのような対応が起こらないこと、そして一刻も早くあのクズな動物病院が潰れる(もしくは院長が別の人に替わる)ことを願っています。

世界中のうさぎが寂しい最期ではなく、家族に囲まれたまま幸せな気持ちで最期を迎えられますように。

事故直後のはーくん。足が動かなくても、生きる活力に溢れた目。足が動かなくてもそのせいで糞尿垂れ流しでも、やっぱり私の子が世界で一番可愛い。

※追記。事故を起こした動物病院のホームページから診療対象の「うさぎ」の文字が消されていました。もちろん何の説明書きもありません。もみ消しは順調のようです。

※20017年3月15日追記

録音記録を聞いていて、絶対に書かなくてはならないことを書き漏らしたことに気付きました。

請求書を手渡しに行った時(院長や獣医師にうさぎの死亡を伝え、謝罪を求めた時)に院長が言った言葉の中で最も呆れたとともに心底理解できなかった一言が次の言葉です。

「謝ってほしいならいくらでも謝るよ。でも、僕がどんなに謝ってもあの子(はーくん)は生き返らないでしょ」

これを聞いた時に本当に呆れ、一瞬言葉を失いました。この記事を書く時に絶対に入れるぞ!と思って書きはじめたのに、書き忘れていたのは怒りが強かったから、この一言以外のすべてが許せず、他にも書くべきことが多かったから。自分でも、何が理由なのか分かりません。

が、手元に録音が残っている以上、言われたのは事実です。そしてこれを読んでいる人の多くも思ったことでしょう。

「お前が言うことじゃない」と。

いくら謝っても、あの子は戻ってこない。この言葉は、ドラマや実際に身内が被害にあった人がニュース番組などでも口にする言葉です。そう、本来であれば被害者側が加害者側を責める時、あるいは加害者側の謝罪を諦め混じりで受け入れる時に言う言葉です。

それを、加害者側の人間が、反省もせず、ただ自分の保身や言い訳のために被害者の前で口にしたのです。

このような言葉を放っておきながら、「僕はいつも動物の幸せを願って働いてきた。今あなた達が見ている僕は冷たい人間に見えるかも知れないけど、本当の僕はそんなことない」なんてよくもぬけぬけとほざけたものだ、と思いませんか?

よく、窮地に陥った時にとる行動やこぼす言葉こそが、その人の本性だと言います。つまり、どんなに日ごろ動物達に優しく接していたとしても、窮地にこぼした上記の言葉(僕が謝ってもあの子は生き返らない)こそが、この院長の本性ではないでしょうか。

そして何度もこの記事に書いていますが、ついぞ院長から事故やその後の対応に関する謝罪はもらっていません。はーくんの死亡から既に10日も経っていますが、もらったのは「あの時は拗ねちゃって素直に謝らなくてごめんね!」の謝罪しなかったことに対する謝罪のみです。

どうして「死なせてしまって済みません」「事故後にないがしろにして済みません」「責任者として謝罪にも伺わず済みません」の簡単な言葉が言えないのでしょうか。

こちらは慰謝料を求めたわけでも、土下座を求めたわけでも、廃業を求めたわけでもありません。

  • 事故後の異常を軽視したこと
  • その後何も積極的な連絡や謝罪がなかったこと

最低限、この2点に関しての謝罪、そして院長という責任者の立場からの監督不行き届きに対する謝罪をいただきたいだけだと何度も言いました。が、日本語が難しいのか、未だに理解してもらえません。

また、院長として今後どのような事故防止策を行うかも明確化されておらず、行われたのはホームページから何の説明もなく「うさぎ」の文字を消したことだけです。それまで診察対象や院長の言葉の中にあったうさぎの文字が、最初からなかったかのように消されています。

こんな対応のみで、反省している、後悔している、謝罪の気持ちを持っていると受け取れるでしょうか。

ちなみに後日改めて謝罪に伺うと言われ、「今は仕事が忙しいから」と断りましたが、「ではこまめに連絡をとりご都合をききますね」と言った院長の娘さんはじめ、10日経った現在もとくに改めての連絡はありません。

.



冬に向けてうさぎの寒さ対策は万全に!

うさぎの冬の寒さ対策まとめはこちら





20 Responses to “我が家のうさぎが動物病院で殺されました。”

  1. 猫の飼い主 より:

    お気の毒ですね、読んでて泣けてきました。
    国民生活センターには報告済みですか?もうされていたらすみません。
    ご冥福をお祈りします。 http://www.kokusen.go.jp/soudan_topics/data/pet.html

    • usagi-pan usagi-pan より:

      猫の飼い主 さま

      コメント有難うございます。
      国民生活センターで良いんでしょうか。でも確かにどこぞへ報告しないと改善されそうにないですよね。
      リンクまで有難うございます、ちょっと調べてみます!

  2. ジェネラウス より:

    私もうさ飼いの1人です。私の場合は近くに信頼できる動物病院があるのでいいのですが、本当に辛かっただろうと思います。ご冥福をお祈りします。
    これを読むまでなんとなく「うちのうさぎは死なないんじゃないか」と思ってました。不老不死とかではなく、今日は死なない、明日は死なない。って言うのをずっと繰り返していられると思ってました。
    でもそんなことないんですね。自分のうささんが今日明日の延長上のどこかで必ず死ぬと思うととても悲しいことですが、これからの時間をもっと濃く大切に過ごしていこうと思えました。
    本当にありがとうございます。

    • usagi-pan usagi-pan より:

      ジェネラウス 様

      コメント有難うございます。
      近くに信頼できる動物病院があるのは良かったですね。今回のことで、本当にそういう病院はうさぎ飼いにとって稀少なんだと思い知りました。
      うちの子も世間で言うとかなり高齢なのに元気に走り回る子だったので、「あと20年は生きるね!」とよく話しかけてました。
      今回の事故さえなければもっと生きられただろうけど、それでもいつかはお別れが来るんですよね。
      うさぎちゃん、たくさん写真とってあげてください。動画も。
      ジェネラウス様のうさぎちゃんがずっとずっと健康で長生きしますように。

  3. くぅ~ より:

    読んでて悲しくなりました
    私も間もなく初のうさ飼いになります
    動物病院は近くでいいかなって安易に考えましたが、しっかりネットで調べます。

    • usagi-pan usagi-pan より:

      くぅ~ 様
      こんにちは、コメント有難うございます。
      少しでも参考になったら幸いです。
      ネットの口コミも大切ですが、いくつか行ってみて信頼できると感じる動物病院を探してみてください。
      そして初めてのうさぎちゃんお迎えおめでとうございます!
      たくさん遊んであげてくださいねv

  4. ビッケさん より:

    遅ればせながら記事を読ませていただきました。

    うちも昨日動物病院にうささんを連れて行ったばかりなので、ゾッとしました。
    ちなみにうちの子も台の上で暴れていましたが、その様子を見て下に降ろしていましたよ。

    結果的に治療費は払って貰えたかもしれませんが、やはり告訴した方がよかったと思います。
    少し前にワンちゃんが診察台から落ちて死亡し、動物病院を告訴したという話題をニュースでやっていました。

    きっとそういうバカは訴えられたりしなければ気付かないんだと思います。

    やはり病院はきちんと選ぶべきですね…

    ご冥福をお祈り致します。

    • usagi-pan usagi-pan より:

      ビッケ 様
      コメント有難うございます。
      そうですね、今思えば徹底的にやってしまえば良かったです。
      多少なりと世話になったこともあったし、この病院がなくなると困る人(遠くの病院に行けないおばあちゃんとか)がいるんだろうなと思うと、二の足を踏んでしまいました。
      「謝ってくれれば許そう」とこちらだけ譲歩していたのが馬鹿みたいです。
      この病院が同じような事故を起こしたときは証言しに行こうと思ってます。

  5. のりっぺ より:

    私も大切な可愛い我が娘を亡くしもう三年経ちますが今でも思い出すと涙が出ます。もう辛い思いをしたくないと飼わないと決めましたが今新たに可愛い息子を飼い始め2年になります。この子は足が悪く変形してて飛んだり跳ねたりできません。何とか方法がないか思案していますが、田舎で専門の病院がありません。私はいつもこの子が嬉しそうに走る姿を思い浮かべています。この子は幸せなのか、幸せって何なんでしょうね。うさぎを見てくれる信頼できる獣医さんが今1番欲しいです。

    • usagi-pan usagi-pan より:

      のりっぺ 様
      コメント有難うございます。
      たくさん思い出があると忘れられないですよね。ふとした瞬間に「あの子、これ好きだったなあ」と思ったり、温もりを思い出したり。
      息子さんのお迎え2周年、おめでとうございます!
      飛んだり跳ねたりできなくても、お腹一杯ごはんを食べられること、飼い主さんに甘えられることが幸せかもしれません。
      それから、動物病院。難しいですよね。本当にうさぎに強い動物病院や獣医さんは少ないです。
      東京や熊本にうさぎ専門の動物病院があるようですが、遠いですか?富山県にもうさぎの獣医師専用の医学書を出版された獣医さんがいます。
      人柄も関係するので腕がよい=信頼できるかは飼い主さんによって感じ方が異なると思いますが、近ければ一度調べてみてください。

  6. ぺたこ より:

    私も上の項目(・)の6と7以外は全部当てはまります。
    ちなみに最後の日は動物病院にいながら看取れませんでした。
    受付の方が先に診てくれるというので頼んだところ
    あんな痛々しい亡骸になるとは思いませんでしたし
    まさか獣医が飼い主に無断で断わりもなく無説明に治療を
    するとは思っていなかったのです。
    治療にあたった獣医師には全く会っていません。
    死因説明すらもなかったです。
    まもなく獣医師法の期限になります。アクションをおこさず
    我慢だけをしてきましたが周囲に止められていたとはいえ
    なぜ文句もいわずに我慢してきたのか、文句をいっても
    命は帰らないけれど3年にもなるのに相変わらず
    あの日のままで恥かしいですが殆どそのままの状態で
    部屋に置いてあります。
    成仏できないよって皆に言われましたが正直その方がいいと思ったり・・・自分の事を語りすぎましたが私も貴方のつらい気持ちわかるつもりです。

    • usagi-pan usagi-pan より:

      ぺたこ さま
      コメント有難うございます。同じような体験をされたとのこと、とても悔しかったでしょう。
      時々嫌な体験を思い出すのは、脳が「この問題はまだ解決できていない」と認識しているからだそうです。
      獣医や病院にとっては過ぎたことでも、飼い主側からしたら大切な家族のこと。3年経ったって10年経ったって忘れられませんよね。
      私も未だに「仏心を出さずに最初から徹底的に潰しておけばよかった」と後悔します。

      お部屋のことは残しておいても良いと私は思います。
      お盆の度に帰ってきて、のんびり過ごしてくれてるかもしれませんし。

      ぺたこさま自身も辛い体験をしたのに、お優しいコメント有難うございます。

  7. れお より:

    初めまして、記事を読ませて頂きました。
    現在似た状況で生後2ヶ月になるうさちゃんがいます。健康診断で病院に連れたところ診察中に暴れた際に背骨を骨折してしまいました。
    治療法はくっつけるのは難しいのでこのまま固めてこれ以上悪化させないように提案されました。
    この記事を読んで何か手術法がある事知りました。
    よろしければ詳しく教えて頂いてもよろしいでしょうか?
    突然ですみませんがご迷惑でなければ相談に乗って下さい。
    よろしくお願い致します。

    • usagi-pan usagi-pan より:

      れお さま
      コメントに気付くのが遅くなって申し訳ありません。うさちゃんのご様子はどうでしょうか?

      生後2ヶ月の子なので、我が家の子とは勝手が違ってきてしまうと思いますが、治療法は獣医師の腕や研修を受けた病院での教育内容で変わってきます。
      うさぎの手術で慣れている病院で研修を受けたことのある獣医師の場合、手術が可能な場合もないわけではありません。
      ただ、世界的にも難しい方法です。国内だと近畿地方に住んでいる人は、たとえ遠くても「神戸の○○病院へ行け」と言われるくらい、手術できる獣医師が少ないです。

      現在の治療はどこの病院で受けていますか?もしうさぎ専門でない病院なら、うさぎの治療に強い病院にも相談してみてはいかがでしょうか。

      近畿・・・北須磨動物病院(兵庫県神戸市)
      東京・・・さいとうラビットクリニック(埼玉県に本院、東京都内に分院あり) うさぎの病院フープ(東京都練馬区)
      中部(北陸)・・・アレス動物医療センター(富山県高岡市)
      九州・・・うさぎの病院(熊本県)

      評判が良い病院、うさぎ専門の病院で私が知っているのはこのあたりです。北須磨動物病院の院長はうさぎの手術の第一人者と言われていて、うさぎの治療について学びたい人が研修に来るほど有名です。
      アレス動物医療センターの院長はうさぎの疾病や怪我に関する専門書を出版しているほど勉強熱心な人です。他の病院も東京で治療を受けるならここ、熊本ならここ、と言われる有名なところです。

      病院によってはメールで相談を受け付けてもらえたり、転院も可能なので、担当医と相談して紹介してもらう手もありますよ。うさぎちゃんが少しでも良くなるよう、私も祈っています。
      心配で大変な時期だと思いますが、うさぎちゃんを助けてあげられるのは飼い主さんだけなので、諦めずに踏ん張ってください!

      • れお より:

        お返事ありがとうございます!
        病院や先生の紹介などとても細かく説明頂き助かります!
        ただ現在骨折したまま固めてしまってるので今から治療は難しいかもしれませんね、先生に相談しないとなんとも言えませんが…
        都内に住んでいるので紹介頂いた埼玉の病院を調べてみます!

        今のところ介護が必要ですがうさちゃんも元気に過ごしているので安心しています!
        また進展があればご報告致します!
        お話を聞いて頂きありがとうございました!

        • usagi-pan usagi-pan より:

          れお さま

          コメント有難うございます。
          うさぎちゃん、元気だそうで良かったです。
          若い子なので、うさぎちゃん自身の自己治癒能力に期待したいですね。
          東京ならうさぎ専門店もいくつかありますね!近くに専門店があるなら、スタッフさんに腕の良い病院を聞いたり介護に役立つものを教えてもらえたりしますよ。
          信頼できる先生なら、無理に転院するより今のままでも良いかもしれません。
          とても難しい判断ですが、れおさま本人が後悔しない選択をしてください。
          一日でも早くうさぎちゃんが良くなることを願ってます。

          • れお より:

            usagiーpan様
            先日はありがとうございました。
            報告がありまして
            今朝うちのうさちゃんがお月さまに帰られました。
            昨晩様子がおかしい事に気づいてあちこちの病院に電話しましたが夜間でしたので出てもらえず…
            助けられませんでしたが教えて頂いた病院にも連絡し出来る限りの事はできたかなと思います。
            本当に困っていたので助かりました。ありがとうございました!

          • usagi-pan usagi-pan より:

            れお さま

            わざわざご報告有難うございます。
            うさちゃん、お月様に帰ったんですね。
            あちらには、世話好きなうちの子も2羽いるので、きっと一緒に遊んでいることと思います。

            夜に様子がおかしいことに気付いてすぐに行動されたれおさまは、凄いです。
            私が言うのもおこがましいですが、立派な飼い主さんだと思います。きっとその愛情はうさちゃんに届いていたと思いますよ。
            今はうさちゃんとの思い出にゆっくり浸って、ご自身のことも慰めてあげてください。

  8. うさうさ より:

    我が家の子は4か月前にお月さまに帰りました。まだ2歳でした。表情豊かで、うさぎさんってこんなに人懐っこくて、可愛らしいんだと知りました。

    ある日、様子がおかしいと感じて、病院へ連れて行こうとしましたが、自宅から遠い名医のA動物病院、自宅から徒歩圏内でこれまで何度か通っているB動物病院のどちらも診察時間を終えていました。
    その日の内に診てもらった方が良いと思い、ネットで自宅から比較的近い、うさぎを診られる病院を探し、C動物病院に電話で状態を説明した上で、初めて行きました。年配の先生は「何だろうね」と言い、薬を処方しました。

    翌朝、明らかに状態が良くない為、A動物病院に事情を説明して、来院。かなり待ち、手を尽くしてくれましたが、その日の夜に亡くなりました。

    A動物病院では、「C動物病院の先生何て言ってた?」と聞かれたので、そのまま答えましたが、明らかに獣医師の知識不足、診断ミスのようで、その後A動物病院の先生はC動物病院に指導の電話を自ら入れてくれたそうです。

    うさぎを家族としてお迎えする人が増えているのに、うさぎを診れない、知識が無い獣医師がいる事がよく分かりました。
    どうしてあの病院に連れて行ってしまったのだろう、と今でも後悔していますが、A動物病院の先生がとても親身に対応してくれたのがまだ救いです。
    獣医師はより研鑽を積んで、勉強して欲しいという想いから、獣医師会と消費生活センターには連絡しました。
    愛兎が楽しそうにしていた時の事を思い出して、過ごしています。

    • usagi-pan usagi-pan より:

      うさうさ さま

      コメント有難うございます。うさうささまも獣医師の知識不足で大切な子と離れ離れになってしまったのですね。
      病気が直接のきっかけや原因とはいえ、知識のあった人にきちんと診てもらえていたら・・・と思うと、悔しい気持ちになるのは私も経験したので理解できます。

      A動物病院の先生は本当の名医なんですね。たとえ「あの先生は間違っていた」と分かっていても、横のつながりを気にして指摘できる獣医師は少ないです。そこをC動物病院の電話できちんと指摘してくださるのは、心から貴方のうさぎちゃんの最期を悼んでくれたんだと思います。
      うさぎは獣医科大学の授業項目に入っていないこともあって、詳しく見てくれる先生は本当に少ないです。
      うさうささまの電話が獣医師会や消費者センターで何か医療環境改善のきっかけになると良いですね。

      我が家も今でもよく愛兎の話をします。先日は誕生日だったので、生きていたら12歳だなあとしみじみ思いました。
      うさうささまも無理に忘れる必要はないと思います。これからもたくさん思い出して、心の中でたくさん一緒の時間を過ごしてください。

コメントを残す




サブコンテンツ

我が家のうさぎに使ってるのん。

☆それぞれ画像クリックで各商品の詳細ページに飛べます☆

うさぎのエサ~おすすめ!ペレット~

シニア用ペレット。小麦粉不使用の獣医師監修が魅力です。中身が小袋で分けられているので、新鮮さを重視する飼い主さんにおすすめ。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆
※2016年4月から毛球症対策機能つきの新タイプにリニューアルしました。


⇓⇓子うさぎ・若いうさぎ用はこちら⇓⇓ 

↑ こちらは0歳~7歳用。
7歳以上の若い子は↓のものを。



うさぎのエサ~うさぎのための水~

うさぎの体に合わせて成分調整された水です。お腹の弱いうちの次男坊がお世話になったアイテム。子うさぎや病気がちなうさぎちゃんに最適です。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆


大きな飲み口のウォーターボトル。ネザーランドドワーフ系には大きすぎますが、小型ではないうさぎちゃんには一度にたくさん飲めるのでおすすめです。
※ケージに沿ってまっすぐ立てるように設置するのがポイント。大口なので斜めだと水漏れしちゃいます。

あると便利なもの~うさぎ飼育に役立つグッズ~

うさぎ用トイレにおすすすめのシート。犬用ですが薄手で折りたたみやすく、三角トイレにも四角トイレにも使えます。
余計な成分も入っていないので安心。コスパも良いので管理人もずっと愛用しています。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆


うさぎの毎日のブラッシングに。全体がラバーのみでできているので、丸洗いできて清潔。
柔らかいラバーはごっそり抜け毛を取ってくれるのに、うさぎの肌にも優しいです。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆


うさぎの涙や体の汚れをふき取るのに便利な洗浄スプレー。犬猫のイラストが入っているパッケージですが、うさぎ専門店でも推奨されている商品です。
お風呂はうさぎにとってストレスなので、体の汚れや涙はこのスプレーで部分洗いしてあげましょう!
⇒⇒☆関連記事はこちら☆

うさぎ関連本~もっとうさぎと仲良くなる~

うさぎの行動やしぐさに隠された「うさぎの気持ち」や「言葉」を解説してくれています。
初心者さんは勿論、うさぎを長く飼っている人にもおすすめ。四コマ漫画はうさぎ飼いならではの「あるある」がたくさんで、ほっこりします。



写真が一杯で見るだけでも楽しい本。分かりやすい書き方でショップでの選び方も説明されているので、うさぎを初めて購入しに行く人におすすめの本です。
食べさせてはダメな草花についても書かれているため、うさんぽさせたい飼い主さんも是非一冊は持っておいて欲しいです。



こちらも初心者さんに優しい書き方をしてくれています。うさぎが食べてはいけない食べ物の他、ケージの選び方などうさぎを迎える前に知っておいて欲しい内容がまとまっています。

このページの先頭へ