カンファペットの効果と評判の高さを徹底検証 ~ペットに安心して使用できる理由~

こんにちは、うさぎぱんです。

最近よくうさぎ専門店に遊びに行くのですが、ふと商品棚を見てカンファペットによく似た消臭剤が販売されているのを発見しました。調べたところ、カンファペットの姉妹品でした。

今回は、カンファペットが本当にうさぎに使用できる消臭剤なのか、安全性とともにご紹介します。

ペット用と書かれていても中には犬猫にしか使えないものもあるため、消臭剤を選ぶ際は注意してください。

カンファペットとは

まず、カンファペットは何ぞや?ということから改めてご紹介します。どのようなものかというと、ペットや赤ちゃんにも使える消臭剤かつ殺菌スプレーです。

>>『カンファペット』公式サイトへ

↑こういうの。可愛い見た目は消臭剤っぽくないので、生活感をなるべく出したくない人にもおすすめです。

元は人間用の食品工場で使われていた消臭除菌剤をペット用に改良したもので、その元となった消臭除菌剤は日本赤十字社でも使用されています。

このカンファペットとその他の消臭剤の決定的な違いは、成分の安全性にあります。たとえば、一般的な除菌スプレーには次亜塩素酸ナトリウムが使用されていますが、これは濃度を間違えると有害になる物質でもあります。

近年ではノロウイルスに対する効果が期待されており、多くの場所で使われていますが、人間にも有害な物質を体の小さいうさぎが舐めてしまえば、どんな害が出るか予測できません。少なくとも人間に有害な時点で、うさぎに安全なものとは言えないことは分かります。

次亜塩素酸ナトリウムはタンパク質を溶かすので、それだけでも避けたい物質です。草食動物のうさぎと人間では体の構造は違いますが、肉体を構築しているもののひとつがタンパク質なのは同じです。

カンファペットは、次亜塩素酸ナトリウムを消臭や除菌力を最大限引き出しつつ無害にする方法を研究した結果生み出された消臭成分がメインとして使用されています。

まず次亜塩素酸ナトリウムは強力なアルカリ性のため、中和させるために酸性の成分を合成。通常であればアルカリ性と酸性の薬剤を合わせると有毒ガスが発生する危険がありますが、独自の技術と純水を利用することで、安全に合成させることができました。

酸性剤も食品添加物を利用しているため、新たな有害物質が合成されたという心配もありません。その安全性はペットの目の周囲やお尻周辺、耳の中の掃除にまで使えるほどです。アルコールも無配合なため、皮膚が乾燥することもないので安心です。

(カンファペットはこちらの記事でも紹介しました⇒うさぎのにおい対策と除菌におすすめの消臭スプレー~おしっこやケージのにおいに~

うさぎ専門店にもカンファペットの姉妹品が販売されています

ペットにとって安全と言われても、いまいち信用できない部分があるのも正直な話です。獣医さんも言っていたのですが、ペット用は大抵、薬もグッズも犬や猫を想定して作られているものばかりです。小動物専用のものは非常に少ないのです。

犬や猫用のものをうさぎなど小動物にも試しに使ってみて、今のところ大きな問題がないから大丈夫だと判断して使っている、という薬やグッズばかりなのが現状です。そのため、うさぎに100%安全とは言えないものばかりです。

しかもうさぎ専門店の人曰く、市販のうさぎ用消臭スプレーも必ずしも安全とは言い切れないそうです。添加物の問題や、やはり犬猫用を元に作られていたりと、不安点が多いのだとか。

そんなうさぎ専門店で販売されているものの中に、カンファスイという商品があるのを発見。

「なんかカンファペットと似た名前だし、どこかで聞いたことあるような・・・」と思っていたのですが、それもそのはず。カンファペットはカンファスイを元に作られた製品でした。

>>『カンファスイ 2Lボトル(200ppm)(正規品)』詳細へ

ちなみに外見はこちら。カンファペットに比べると素っ気無い印象もうけますが、市販の消臭剤より可愛らしいパッケージではないでしょうか。

カンファスイは、ハセッパー技研という企業が開発した安全な消臭除菌剤で、食品工場でも採用されています。元々有害だった次亜塩素酸ナトリウムを安全な成分で無害にする技術は、東京都からベンチャー技術大賞の奨励賞を与えられました。

この既に安全なカンファスイをペット用品を扱う企業との共同開発でペットにも安全なものにしたのが、カンファペットです。元から安全性が高かったため、うさぎ専門店ではカンファスイの方が取り扱われていたようです。

そもそもカンファペットは店頭販売がなく、通販のみなので、店頭で購入するとなるとカンファスイになってしまいます。品質には問題ありませんが、念のためペット用を使いたい人や可愛いラベルを選びたい人は、カンファペットがおすすめです。

ちなみに価格はカンファペットと同額でした。使用期限は純水が原料の一部なこともあり、製造から4ヶ月前後が目安です。以前購入したものがまだ残っているという人は、いつ頃製造されたものか、購入した時期はいつだったか思い出してみてください。

価格も市販のうさぎ消臭剤と大差ありません。一見すると少し高額に思えるのですが、その分量が多いです。ケージの掃除の除菌や殺菌はもちろん、グルーミングにも使えるので、一本持っていると便利です。

私がこのカンファペットを見つけたうさぎ専門店は、うさぎに安全なものを厳選して販売しています。市販のおやつは添加物が多く、うさぎの体に良くないため、オリジナルの無添加おやつを開発しているほどです。

そんなうさぎの体を第一に考える専門店が取り扱っているという時点で、カンファスイやカンファペットの安全性は信頼できると感じました。

ケージ以外にカンファペットが使える場所

カンファペットは安全性の高い消臭除菌スプレーなので、うさぎが舐める可能性のある場所にも使用できます。たとえばケージ内の他、フードディッシュやトイレ、おもちゃにも使えます。

アルコールが入っていないため揮発性はなく、スプレーした後は軽く拭き取ったり乾燥させる必要がありますが、たとえばフードディッシュの中におしっこをしてしまった場合はスプレーで洗い流して拭くと、除菌と消臭が一度にできます。

においがついているとまた同じ場所におしっこをしてしまうため、消臭もできるのは助かります。石鹸で洗っても良いのですが、石鹸には香料が含まれているため、においの問題で個人的には避けてあげるべきだと考えています。

石鹸の香料は人間でも分かるくらいに強いですし、いろんな香料を混ぜて作られています。うさぎは知らないにおいがついていると縄張りを荒らされたと起こりますし、ストレスを感じます。そのためなるべくケージ内のものはにおいの残らない洗い方をしましょう。

カンファペットは口に入っても安全な成分なので、フードディッシュを洗うのに最適です。同じくうさぎが舐めることのあるおもちゃも、スプレーできるものであればカンファペットで掃除するのがおすすめです。

牧草でできたボールやかじり木はさすがに掃除できません(湿気でカビが生える危険があるため)が、液体が染みこまないおもちゃなら、カンファペットで掃除しちゃいましょう。

我が家の場合、2羽目のうさぎだったチビにおもちゃでぷよぷよの置物をあげていました。跳ねないスーパーボールといった感じで、柔らかい感触を気に入ったチビはよく舐めて一緒に寝ていました。

当時はカンファペットを知らなかったため水で洗っていましたが、このようなおもちゃを与えている人は、水洗いの他にカンファペットでの除菌や消臭も試してみて欲しいです。

管理人のうさぎぱんもカンファペットを試してみました!その時のレビューもぜひ参考にしてみてください。(→『夏のうさぎ用ケージのお掃除にカンファペットがおすすめ!実際に使ってみた感想』へ)

うさぎのケージ掃除以外にも使えるカンファペットはおすすめ

カンファペットは安全でおすすめですよ、といくら言っても、やはり実際に専門の人が使っている事実には適いません。今回、偶然に姉妹品のカンファスイを取り扱っているうさぎ専門店さんを見つけて、改めて安全な商品なんだと実感しました。

消臭や除菌ができるスプレーは数多くありますが、うさぎ専門店で実際に使われているという事実がある以上、今の所カンファペットや姉妹品のカンファスイに勝るものは見つかりそうにありません。

その他の消臭剤も効果や成分は魅力的なのですが・・・。またうさぎ専門店などで見かけたら、ご紹介しますね。「実際に使っているお店があるよ!」という声は、それだけで素人のうさぎ飼いの私たちには安心できますから。

ちなみにカンファスイを取り扱っているうさぎ専門店さんは、ケージやケージの下のお掃除にとくに使用されているそうです。ケージに使用する際は、たっぷり大容量の希釈タイプを選ぶと長く使えそうですが、使用期限に注意しなくてはなりません。

たくさんうさぎちゃんを飼っているご家庭以外は、無難なサイズから試してみることをおすすめします。近くにカンファスイを取り扱っているうさぎ専門店がない場合や可愛いパッケージが良い方は、通販で購入できるカンファペットを試してみてください。

基本は同じで、さらにペット用に改良されているので安心して使えます。通販手続きは面倒ですが、初回だと送料無料のセットもあるので、先にボトルタイプを公式サイトで通販して詰め替え分はカンファスイを店頭で買うという手もあります。

長生きしてもらうためにも、うさぎにとって本当に安全なものを見つけて使ってあげたいものです。うさぎ用だから市販品だからと安心せず、きちんとどのような成分が入っているかもチェックして使ってあげてください。

>>『カンファペット』公式サイトへ

(返金保証・アフターサービスの関係で楽天やAmazoneではなく公式サイトで購入をおすすめします。)


市販の消臭剤がうさぎにとって危険な理由の詳細は別の記事でご紹介していますので、そちらもぜひ。
→→『夏のにおい対策に何故うさぎ用除菌(消臭)スプレーが良いの?



冬に向けてうさぎの寒さ対策は万全に!

うさぎの冬の寒さ対策まとめはこちら





コメントを残す




サブコンテンツ

我が家のうさぎに使ってるのん。

☆それぞれ画像クリックで各商品の詳細ページに飛べます☆

うさぎのエサ~おすすめ!ペレット~

シニア用ペレット。小麦粉不使用の獣医師監修が魅力です。中身が小袋で分けられているので、新鮮さを重視する飼い主さんにおすすめ。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆
※2016年4月から毛球症対策機能つきの新タイプにリニューアルしました。


⇓⇓子うさぎ・若いうさぎ用はこちら⇓⇓ 

↑ こちらは0歳~7歳用。
7歳以上の若い子は↓のものを。



うさぎのエサ~うさぎのための水~

うさぎの体に合わせて成分調整された水です。お腹の弱いうちの次男坊がお世話になったアイテム。子うさぎや病気がちなうさぎちゃんに最適です。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆


大きな飲み口のウォーターボトル。ネザーランドドワーフ系には大きすぎますが、小型ではないうさぎちゃんには一度にたくさん飲めるのでおすすめです。
※ケージに沿ってまっすぐ立てるように設置するのがポイント。大口なので斜めだと水漏れしちゃいます。

あると便利なもの~うさぎ飼育に役立つグッズ~

うさぎ用トイレにおすすすめのシート。犬用ですが薄手で折りたたみやすく、三角トイレにも四角トイレにも使えます。
余計な成分も入っていないので安心。コスパも良いので管理人もずっと愛用しています。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆


うさぎの毎日のブラッシングに。全体がラバーのみでできているので、丸洗いできて清潔。
柔らかいラバーはごっそり抜け毛を取ってくれるのに、うさぎの肌にも優しいです。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆


うさぎの涙や体の汚れをふき取るのに便利な洗浄スプレー。犬猫のイラストが入っているパッケージですが、うさぎ専門店でも推奨されている商品です。
お風呂はうさぎにとってストレスなので、体の汚れや涙はこのスプレーで部分洗いしてあげましょう!
⇒⇒☆関連記事はこちら☆

うさぎ関連本~もっとうさぎと仲良くなる~

うさぎの行動やしぐさに隠された「うさぎの気持ち」や「言葉」を解説してくれています。
初心者さんは勿論、うさぎを長く飼っている人にもおすすめ。四コマ漫画はうさぎ飼いならではの「あるある」がたくさんで、ほっこりします。



写真が一杯で見るだけでも楽しい本。分かりやすい書き方でショップでの選び方も説明されているので、うさぎを初めて購入しに行く人におすすめの本です。
食べさせてはダメな草花についても書かれているため、うさんぽさせたい飼い主さんも是非一冊は持っておいて欲しいです。



こちらも初心者さんに優しい書き方をしてくれています。うさぎが食べてはいけない食べ物の他、ケージの選び方などうさぎを迎える前に知っておいて欲しい内容がまとまっています。

このページの先頭へ