うさぎ用エサの選び方~最初の牧草は1番刈りがおすすめ~

うさぎはデリケートな生き物。個体差が激しいので、エサの選び方も注意しなくてはなりません。
また、生態があまり解明されていないため、初心者ではない飼い主さんも、うさぎの体に良くないものを知らずに与えてしまう可能性があります。

まずはこちらで基本的なエサの与え方、選び方をご紹介します。

うさぎのエサの選び方~ペレットと牧草の両方が必要~

エサもグッズと同じように先に購入しておきましょう。
ただし、まだうさぎを購入する店舗が決まっていない場合は、うさぎと一緒に購入すること。

何故ならうさぎはデリケートで警戒心が強い生き物なんです。
環境が変わった上に、与えられた食事まで普段と異なっていたら、とってもストレス。

うさぎを購入する店舗で店員さんに聞いて、いつもと同じエサを与えてあげましょう
かならず同じものが販売されているはずです。

うさぎにはペレットと牧草の両方が必要です!
  • ペレット:牧草を固めたもの。中には牧草以外の素材もブレンドされていることも。
  • 牧草:チモシーやアルファルファなどの牧草を乾燥させたもの。

うさぎのメインのエサは、ペレットと牧草の2つです。

ペレットは嗜好性を高めるために、うさぎが美味しい!と感じるようなものがブレンドされているケースが多いです。そのためカロリーはかなり高め。
また、中には嗜好性を重視したために本来不要なものや、あまり摂らせるべきではない食材まで使用されたものも販売されています。

※画像はシニア用です。子うさぎ用はこちら⇒⇒イースター プレミアムレシピ メンテナンス

ちなみに、我が家ではこのペレットを使っています!
獣医師さん監修という点に惹かれたのと、きちんとシニア用が作られている点、うさぎの体に良くないと言われる小麦粉が不使用な点。この3つが魅力的なんです。

外側パッケージを開けても、中で小さな袋に小分けされて入っているので湿気の心配もなし。新鮮なものを食べられるからか、切り替えの際も、うちのうさぎの食いつきが良かったです。

とはいえ、ペレットはあくまで副菜扱いにすることが大事
長く健康に生きてもらうには、牧草をメインとしてあげましょう。

bokusou

牧草の代表的なものといえばチモシーが挙げられますが、チモシーの袋をよく見てみると『1番刈り』や『2番刈り』などと書かれています。

牧草の表記の違いは『いつ刈り取ったのか』『繊維質と栄養の含有率』
  • 1番刈り:もっとも若いうちに刈り取られたもの。うさぎの大好物。栄養も繊維質も豊富。
  • 2番刈り:1番刈りより少しだけ成長したもの。まだまだ栄養も繊維質も豊富。
  • 3番刈り:もっとも遅い時期(穂が出る直前)に刈り取ったもの。繊維質が少な目で柔らかめ。

このような違いがあります。

2番刈りが一番うさぎちゃんに最適!という声もありますが、栄養面や嗜好性を考えると1番刈りが無難です。
もし袋に表示があったら、ぜひ1番刈りもしくは2番刈りを選んであげてください。

ただ、1番刈りは固めのものが多く含まれているので、食べるのを嫌がるようなら3番刈りの柔らかいものを少し混ぜて与えてあげると良いでしょう。

しかし、カロリーが高めな点には注意が必要です。

エサにもなる!うさぎ用牧草マット

とはいえ、牧草ってすぐ床板の下に落ちてしまうんですよね。
ケージ下部の引き出しが牧草だらけになるという経験は、うさぎ飼いなら必ずあると思います。

最初は牧草用の入れ物を使っていたんですが、うちでは今はこれ一択です。

bokusoubed

その名も『うさぎの座ぶとん』!手編みで作成された、100%牧草のみの商品です。
これの良いところは、

  • 食べられる
  • リラックススペースになる
  • オモチャにもなる
  • 牧草の落下を抑える

という点。
100%牧草のみなので、食べても安心。しっかり編みこまれていて、肉球のないうさぎの足をやさしく支えてくれます。
名前の通り、うさぎにとって安らげる座ぶとんとしても活躍。
うちの子も座ぶとんの上でよく熟睡しています。寝言を言うほど(笑)

DSC_0220

うさぎって、結構いろんなものを噛むんです。この座ぶとんも端からどんどん噛まれていっちゃいますよ。でもこれは、うさぎにとって良いことなので、どんどん噛ませてあげてください!歯ごたえがあるのでストレス解消にもなるし、遊べば遊ぶほど牧草を食べることになるんです。

サイズはS.M.Lの3種類あるので、うさぎちゃんの体に合った大きさのものを選びましょう。ちなみに、うちは体長30cmほどなので、横幅が29cmのLサイズを使っています。

また、これを敷いておくと牧草のお皿代わりにもなります。食べられるといっても、あくまでオモチャの範囲として考え、牧草は別にあげてくださいね。

おすすめのペレットと牧草まとめ

うさぎの飼育グッズは、ペット用品も取り扱っている大き目の通販サイトで購入できます。一度にまとめて購入したい時は、こういったサイトを利用して家まで届けてもらうと便利ですよ。

それぞれのおすすめは、こちらです。

<<ペレットのおすすめ>>

>>イースター プレミアムレシピ メンテナンス

<<牧草のおすすめ>>

>>ラビットプレミアムチモシー500g

ペレットは基本的にうさぎが生まれてからずっと食べているものをショップで聞いて購入するのが一番ですが、中には小麦粉入りの商品も存在します。お腹の弱いうさぎにとって、小麦粉は毛球症などおなかの病気を引き起こしやすい成分です。避けるためには、小麦粉の入っていないものを与えなくてはなりません。

うさぎの様子を見て、こちらの『小麦粉不使用』なペレットを試してみてください。

牧草は、栄養も高い1番刈りをまず与えましょう。あまり食べないようであれば、3番刈りなどに変える手もあり。まずはこちらの香りが良いと評判の人気商品から1番刈りを与えてみてください。

おやつにもなるうさぎ用ミルクも栄養補給におすすめ

ペレットや牧草の他、大き目の店舗や通販サイトでしか見かけませんが、小動物専用の『ペットミルク』も一緒に用意しておくと便利です。子うさぎだけではなく、大人になっても飲めるので、うさぎが気に入るようならずっと与えられます。

>>ワンラック (ONE LAC) ペットミルク 140g

ある程度成長するとうさぎにミルクは必要ありませんが、あげると喜ぶんです!育児放棄された子うさぎの人工保育や、妊娠中の母うさぎの栄養補給としても使用可能なものなんだとか。

他の動物用ミルクや市販の牛乳は、危険なのであげられません。でもこちらは小動物用に成分調整されているから安心。小麦粉や砂糖をたくさん使ったお菓子より、ずっと良いと思える商品です。おやつとして与えてみてはいかがでしょうか。

実際、我が家でもおやつとして与えています。専用の皿を出しただけで激しく反応するほど(笑)うちのうさぎが大好きなミルクです。

必要じゃないなら、ミルクはあげなくても良いのでは?という意見もあります。確かに、必ず飲ませなければならないものとは言えません。

ただ、うさぎ本人が好物だと思えるものを与えられることで、ストレスの軽減になっているのでは?という意見もあるんですね。あげすぎは勿論、良くありません!が、ストレスなく長生きしてもらうには、時々こういったご褒美のようなものをあげるのは効果アリかもしれません。

必須のペレットと牧草は勿論、こういった体に悪影響を与えないおやつも時々は与えてあげてください。飼い主とうさぎのコミュニケーション、そしてストレス対策にもなりますよ。



ペット保険の必要性について書きました。

ペット保険は本当に必要?うさぎや犬猫の病気と手術リスク





コメントを残す




サブコンテンツ

我が家のうさぎに使ってるのん。

☆それぞれ画像クリックで各商品の詳細ページに飛べます☆

うさぎのエサ~おすすめ!ペレット~

シニア用ペレット。小麦粉不使用の獣医師監修が魅力です。中身が小袋で分けられているので、新鮮さを重視する飼い主さんにおすすめ。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆
※2016年4月から毛球症対策機能つきの新タイプにリニューアルしました。


⇓⇓子うさぎ・若いうさぎ用はこちら⇓⇓ 

↑ こちらは0歳~7歳用。
7歳以上の若い子は↓のものを。



うさぎのエサ~うさぎのための水~

うさぎの体に合わせて成分調整された水です。お腹の弱いうちの次男坊がお世話になったアイテム。子うさぎや病気がちなうさぎちゃんに最適です。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆


大きな飲み口のウォーターボトル。ネザーランドドワーフ系には大きすぎますが、小型ではないうさぎちゃんには一度にたくさん飲めるのでおすすめです。
※ケージに沿ってまっすぐ立てるように設置するのがポイント。大口なので斜めだと水漏れしちゃいます。

あると便利なもの~うさぎ飼育に役立つグッズ~

うさぎ用トイレにおすすすめのシート。犬用ですが薄手で折りたたみやすく、三角トイレにも四角トイレにも使えます。
余計な成分も入っていないので安心。コスパも良いので管理人もずっと愛用しています。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆


うさぎの毎日のブラッシングに。全体がラバーのみでできているので、丸洗いできて清潔。
柔らかいラバーはごっそり抜け毛を取ってくれるのに、うさぎの肌にも優しいです。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆


うさぎの涙や体の汚れをふき取るのに便利な洗浄スプレー。犬猫のイラストが入っているパッケージですが、うさぎ専門店でも推奨されている商品です。
お風呂はうさぎにとってストレスなので、体の汚れや涙はこのスプレーで部分洗いしてあげましょう!
⇒⇒☆関連記事はこちら☆

うさぎ関連本~もっとうさぎと仲良くなる~

うさぎの行動やしぐさに隠された「うさぎの気持ち」や「言葉」を解説してくれています。
初心者さんは勿論、うさぎを長く飼っている人にもおすすめ。四コマ漫画はうさぎ飼いならではの「あるある」がたくさんで、ほっこりします。



写真が一杯で見るだけでも楽しい本。分かりやすい書き方でショップでの選び方も説明されているので、うさぎを初めて購入しに行く人におすすめの本です。
食べさせてはダメな草花についても書かれているため、うさんぽさせたい飼い主さんも是非一冊は持っておいて欲しいです。



こちらも初心者さんに優しい書き方をしてくれています。うさぎが食べてはいけない食べ物の他、ケージの選び方などうさぎを迎える前に知っておいて欲しい内容がまとまっています。

このページの先頭へ