うさぎ専用フォトアルバム~ペットの写真を送るだけで作れるサービス~

ふとした仕草が可愛くて、うさぎの写メを日常的に撮っているという人は多いでしょう。気が付くと画像フォルダがいっぱいになっていて、スマホの反応が遅くなってきた、という人におすすめなサービスをご紹介します。

うさぎの写真が撮り溜めできた時は?アルバムを作ろう

うさぎは種類は勿論、性格も顔つきも個体差がかなり出る生き物です。多頭飼いをしたことのある人や、うさぎカフェで複数のうさぎを間近にした人は実感したことがあるのではないでしょうか。

DSC_0275

頭も良いので、同じ子でも気分次第で毎日見せてくれる表情が変わっていて面白いですね。機嫌が良い時の顔や拗ねている時の顔など、ついつい写真に撮っているのでは?

気が付くと、そういう写真って結構な数になっているんですよね。

フォルダの半分以上が自宅のうさぎ画像、という人の中には、最近スマホの動きが鈍くなったという人もいると思います。デジカメの場合は、新しい写真を撮る容量がないと困っているでしょう。

我が家ではパソコンに専用のフォルダを作って移動させています。でも、ちょっと面倒だったりすることもあるんですよね。せっかく撮影しても、パソコンを起動しないと見れないのが手間です。そうでなくても、いつかデータ破損やパソコンの故障で消えてしまわないか不安に思うことも少なくありません。

そこで、お気に入りの写真だけでも印刷しておくことをおすすめします。データ破損が起こった場合でもお気に入りの写真が何枚か残っていると、沈んだ気分が少しだけ慰められますよ。

また、将来うさぎとお別れする時に自宅供養をするつもりであれば、遺影として写真を残しておく必要があります。

いざという時でも思い出の写真が全部消えてしまわないよう、今のうちに一部だけでも形にして残しておいてはいかがでしょうか。

専用知識なしでできるうさぎ写真の画像編集

うさぎ写真の保存におすすめなのが、『撮るだけフォトブック』というネット上のサービスです。パソコン上でレイアウトも注文も済ませられて、数日後にはアルバムになって自宅まで配送されてくるので、お店に持ち込む必要がありません。



>>『撮るだけフォトブック』詳細サイトへ

サイトで専用ソフトを無料ダウンロードして、写真をピックアップ。画面の指示通りに注文すれば、世界に一冊しかないうさぎ写真集の完成です。自宅で飼っているうさぎのフォトアルバムを作るのも良いですし、うさぎ関連の観光地の写真だけを集めたオリジナル写真集を作成するのもおすすめです。

photobook
スクラップブックを作るようにパソコン上で編集できるので、1ページに複数枚の写真をのせることも可能。お気に入りは大きく1ページや見開きにして、連続撮影した写真を四コマ風に並べるのも面白そうですね。ちょっとした編集者気分が味わえる点も魅力です。

写真も編集も自分でするから、できあがったアルバムへの愛着はひとしお。写真をポケットに入れるアルバムだといつの間にか抜け落ちて、数枚失くしてしまったということもありますが、印刷してある写真なら寝かせても逆さまにしても失くすことがありません。

目的別で選べるフォトアルバムのサイズ

『撮るだけフォトブック』さんだと、サイズも用途に合わせて選べるので使いやすいです。

  • Mサイズ 3,800円
  • A4サイズ(ハードカバー) 4,200円
  • A4サイズ(ソフトカバー) 2,800円
  • A5パノラマ(ハードカバー) 2,800円
  • A5パノラマソフトカバー) 1,500円
  • A5バーチカル(ハードカバー) 2,800円
  • A5バーチカル(ソフトカバー) 1,500円
  • A3サイズ(パネルタイプ) 4,500円

ハードとソフトの、カバータイプも含めると8つの種類があり、おすすめはMサイズとA5パノラマです。

<Mサイズ>

photobook2

<A5パノラマ>

photobook3

A5サイズは本棚にすっきり入るサイズなので、収納場所に困りません。レイアウトに自信がない人は画面いっぱいに1枚の写真を配置するだけで大丈夫。市販品のように格好よく仕上がる横長タイプです。Mサイズは正方形になるので、可愛い印象の一冊が作れます。縦長写真を載せやすく、レイアウトを多様化しやすい点も魅力です。

A3サイズは一枚のパネルタイプなので、多頭飼いさんにおすすめです。

photobook4
とくに飼っているうさぎが子供を産んだことで多頭飼いになったのなら、真ん中に両親うさぎ達を、周りに生まれた子供たちをレイアウトすると可愛い家族写真になります。実際に家族揃って写真を撮るのは難しいので、パネルの中で飼い主が家族写真を作ってあげるのはどうでしょうか。

ハードカバーとソフトカバーの2種類が選べるものもありますが、個人的にはソフトカバーがおすすめです。気軽にめくれるので、数ページ使ってストーリー的に仕上げておくとパラパラ漫画のように楽しめます。とくに定期的にアルバムを作ってあげたい人は、ソフトカバーを選んでみてください。安く済みますし、ハードカバーより表紙が薄い分、本棚の場所をとりません。

お気に入りの写真の中でも、とくにお気に入りがいくつか出てきたら、その写真だけを集めたハードカバーのアルバムを作るのも楽しそうです。アルバムはたくさんあるけど、この一冊はとくに大切。という一冊があると、気分が落ち込んだ時に元気づけてくれる宝物になりますよ。

スマホデータでもデジカメデータでもアルバム作成可能

編集にはパソコンが必要ですが、肝心の写真はデータならスマホの写メでもデジカメのデータでも大丈夫です。パソコンに取り込んで、分かりやすい場所に保存しておきましょう。

パソコンが苦手な人は、『デスクトップ』に保存しておくと見つけやすいです。

『撮るだけフォトブック』さんは、こちらのリンクから飛べます。⇒⇒⇒『撮るだけフォトブック』詳細サイトへ

サイトから使用するパソコンのOSに合ったソフトをダウンロードして、写真をアップして注文するだけ。ソフトは無料ですし、レイアウトに使える素材も一緒にダウンロードされるので便利です。

アルバムは手軽なものだと1,500円から作成できるので、お試しに作成してみてはいかがでしょうか。



冬に向けてうさぎの寒さ対策は万全に!

うさぎの冬の寒さ対策まとめはこちら





コメントを残す




サブコンテンツ

我が家のうさぎに使ってるのん。

☆それぞれ画像クリックで各商品の詳細ページに飛べます☆

うさぎのエサ~おすすめ!ペレット~

シニア用ペレット。小麦粉不使用の獣医師監修が魅力です。中身が小袋で分けられているので、新鮮さを重視する飼い主さんにおすすめ。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆
※2016年4月から毛球症対策機能つきの新タイプにリニューアルしました。


⇓⇓子うさぎ・若いうさぎ用はこちら⇓⇓ 

↑ こちらは0歳~7歳用。
7歳以上の若い子は↓のものを。



うさぎのエサ~うさぎのための水~

うさぎの体に合わせて成分調整された水です。お腹の弱いうちの次男坊がお世話になったアイテム。子うさぎや病気がちなうさぎちゃんに最適です。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆


大きな飲み口のウォーターボトル。ネザーランドドワーフ系には大きすぎますが、小型ではないうさぎちゃんには一度にたくさん飲めるのでおすすめです。
※ケージに沿ってまっすぐ立てるように設置するのがポイント。大口なので斜めだと水漏れしちゃいます。

あると便利なもの~うさぎ飼育に役立つグッズ~

うさぎ用トイレにおすすすめのシート。犬用ですが薄手で折りたたみやすく、三角トイレにも四角トイレにも使えます。
余計な成分も入っていないので安心。コスパも良いので管理人もずっと愛用しています。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆


うさぎの毎日のブラッシングに。全体がラバーのみでできているので、丸洗いできて清潔。
柔らかいラバーはごっそり抜け毛を取ってくれるのに、うさぎの肌にも優しいです。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆


うさぎの涙や体の汚れをふき取るのに便利な洗浄スプレー。犬猫のイラストが入っているパッケージですが、うさぎ専門店でも推奨されている商品です。
お風呂はうさぎにとってストレスなので、体の汚れや涙はこのスプレーで部分洗いしてあげましょう!
⇒⇒☆関連記事はこちら☆

うさぎ関連本~もっとうさぎと仲良くなる~

うさぎの行動やしぐさに隠された「うさぎの気持ち」や「言葉」を解説してくれています。
初心者さんは勿論、うさぎを長く飼っている人にもおすすめ。四コマ漫画はうさぎ飼いならではの「あるある」がたくさんで、ほっこりします。



写真が一杯で見るだけでも楽しい本。分かりやすい書き方でショップでの選び方も説明されているので、うさぎを初めて購入しに行く人におすすめの本です。
食べさせてはダメな草花についても書かれているため、うさんぽさせたい飼い主さんも是非一冊は持っておいて欲しいです。



こちらも初心者さんに優しい書き方をしてくれています。うさぎが食べてはいけない食べ物の他、ケージの選び方などうさぎを迎える前に知っておいて欲しい内容がまとまっています。

このページの先頭へ