うさぎを飼う前の準備~初心者のためのうさぎペットの飼育方法その1~

こんにちは、管理人のうさぎぱんです。今回からシリーズものとして、「実際にうさぎを購入するために必要な準備やアイテム」について、順を追って解説していこうと思います。

うさぎを購入できるお店はどこ?飼育グッズは何を買えば良いの?など、初心者さんが疑問に思うことをひとつずつ解決していきます。

事前に買っておくべき飼育グッズ


ペットショップなどでお気に入りのうさぎが見つかると、すぐにでも買って連れ帰りたくなります。ですが、その気持ちは一度おさえて、飼育できる環境を整えることから始めましょう。

ほとんどのお店ではうさぎの予約(取り置き)ができます。「準備しているうちに、この子が売れちゃう!」と心配な時は、お店の人に相談してうさぎを予約しておくと安心です。

お店によってはお手付け(予約)金として、購入金額の一部を先に支払う必要があります。だいたい5,000円~購入金額の半額くらいが相場です。(管理人の場合は、うさぎ専門店で39,000円の子を、お手付け金5,000円で予約しました)

さて、肝心のうさぎをお迎えするための準備ですが、最低限必要なものを先に購入しておきましょう。

最低限必要なうさぎの飼育グッズ
  • ケージ
  • ウォーターボトル
  • エサ入れ
  • トイレ
  • 牧草入れ

重要なものから順に挙げてみました。他は無くとも、絶対に必要なのがケージです。購入したばかりのうさぎはストレスで、落ち着ける場所を求めています。ケージの中にすぐに入れてあげられるよう、先に購入して組み立てておきましょう。

すぐに飲んだり食べたりできるよう、ウォーターボトルやエサ入れも必要です。ウォーターボトルはうさぎを購入するお店が使っているものを選ぶと、うさぎが混乱しません。

トイレや牧草入れはあったほうが良いかな、と思います。実はここは微妙なところで、体の小さい子うさぎだとトイレの網に足を引っ掛けて怪我をすることがあります。逆に、そこそこ大きくなった子だと、トイレがないと落ち着かないようです。

我が家のうさぎさんは3羽とも子うさぎの時にお迎えしましたが、

はーくん(ミニウサギ):三角トイレを問題なく使用
チビ(スーパーミニウサギ):三角トイレの網で怪我をしたのでトイレのトレーにシートを敷いて使用
さっちゃん(ネザーランドドワーフ):体が小さすぎるのでケージ内にシートを敷いて毎日取り替え

このように3羽ともトイレ事情が違っています。なので、体の大きさやお店での過ごし方(トイレを上手に使えているか)を見てから購入を決めてみても良いと思います。

牧草入れもすぐに破壊する子もいるので、場合によっては大きめのエサ入れにペレットと一緒に入れる方法も考えてみてください。

おすすめの飼育グッズ~うさぎ用ケージ~

うさぎを購入する前に用意しておきたい飼育グッズの中でおすすめのものとして、ケージをご紹介します。

ケージについては、こちらのページ(『うさぎを飼う時のケージの選び方は?』)で解説しているとおり、下部が引き出し式になっているタイプがおすすめです。

ちなみに我が家で今使っているのは既に廃番になってしまったのですが、似たようなものがSANKOさんから発売していました。

>>『SANKO イージーホーム エボ 60BK』詳細ページへ

ケージの一般的な大きさはこちらの60タイプ(横の広さが60cm)で十分ですが、ロップイヤーなど大きめの品種の子の場合は80タイプなど大きいサイズのものを用意しましょう。

他にもウォーターボトルなどおすすめグッズはあるのですが、うさぎを購入する前の段階で必要なのは、やはり引き出し式のケージです。

お迎え前にきちんと組み立てて、うさぎが安心して過ごせるような場所に設置しておきましょう。

まとめ

うさぎはデリケートなので、お店から連れ帰った後はすぐにケージへ入れてあげなくてはなりません。そのため、うさぎをお迎えに行く前にケージを購入し、組み立てておく必要があります。

ウォーターボトルはお店で使っていたものと同じものを購入すると、うさぎが安心します。うさぎと同時購入でも構いませんが、事前にお店で確認して、先に用意しておくと買い忘れを防げます。

エサ入れやトイレはお好みで。体が小さな子の場合、トイレを始めから無理に使わない手もあります。体が大きくなってからいつも用を足している場所にトイレを設置してあげても遅くありません。

牧草入れは木製やプラスチック製だとすぐに壊す子もいるため、慎重に選びましょう。こちらもトイレと同様、最初はあえて購入せずに様子を見てから相性の良さそうなものを買ってみる方法でも良いです。

今回は、うさぎを購入する前に用意しておきたいものの中から、最低限必要なものだけをご紹介してみました。何は無くともこれさえ用意しておけばうさぎをお迎えに行けるよ!という飼育グッズです。

購入時に荷物やお財布に余裕のある方は、他の必要なグッズも解説した飼育グッズのまとめ記事で挙げているものも検討してみてください。
こちらでまとめています。→→うさぎの飼育に必要なものまとめ



夏のケージのお掃除は大切です!菌やカビや害虫の危険あり!

夏のうさぎ用ケージのお掃除にカンファペットがおすすめ!実際に使ってみた感想





コメントを残す




サブコンテンツ

我が家のうさぎに使ってるのん。

☆それぞれ画像クリックで各商品の詳細ページに飛べます☆

うさぎのエサ~おすすめ!ペレット~

シニア用ペレット。小麦粉不使用の獣医師監修が魅力です。中身が小袋で分けられているので、新鮮さを重視する飼い主さんにおすすめ。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆
※2016年4月から毛球症対策機能つきの新タイプにリニューアルしました。


⇓⇓子うさぎ・若いうさぎ用はこちら⇓⇓ 

↑ こちらは0歳~7歳用。
7歳以上の若い子は↓のものを。



うさぎのエサ~うさぎのための水~

うさぎの体に合わせて成分調整された水です。お腹の弱いうちの次男坊がお世話になったアイテム。子うさぎや病気がちなうさぎちゃんに最適です。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆


大きな飲み口のウォーターボトル。ネザーランドドワーフ系には大きすぎますが、小型ではないうさぎちゃんには一度にたくさん飲めるのでおすすめです。
※ケージに沿ってまっすぐ立てるように設置するのがポイント。大口なので斜めだと水漏れしちゃいます。

あると便利なもの~うさぎ飼育に役立つグッズ~

うさぎ用トイレにおすすすめのシート。犬用ですが薄手で折りたたみやすく、三角トイレにも四角トイレにも使えます。
余計な成分も入っていないので安心。コスパも良いので管理人もずっと愛用しています。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆


うさぎの毎日のブラッシングに。全体がラバーのみでできているので、丸洗いできて清潔。
柔らかいラバーはごっそり抜け毛を取ってくれるのに、うさぎの肌にも優しいです。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆


うさぎの涙や体の汚れをふき取るのに便利な洗浄スプレー。犬猫のイラストが入っているパッケージですが、うさぎ専門店でも推奨されている商品です。
お風呂はうさぎにとってストレスなので、体の汚れや涙はこのスプレーで部分洗いしてあげましょう!
⇒⇒☆関連記事はこちら☆

うさぎ関連本~もっとうさぎと仲良くなる~

うさぎの行動やしぐさに隠された「うさぎの気持ち」や「言葉」を解説してくれています。
初心者さんは勿論、うさぎを長く飼っている人にもおすすめ。四コマ漫画はうさぎ飼いならではの「あるある」がたくさんで、ほっこりします。



写真が一杯で見るだけでも楽しい本。分かりやすい書き方でショップでの選び方も説明されているので、うさぎを初めて購入しに行く人におすすめの本です。
食べさせてはダメな草花についても書かれているため、うさんぽさせたい飼い主さんも是非一冊は持っておいて欲しいです。



こちらも初心者さんに優しい書き方をしてくれています。うさぎが食べてはいけない食べ物の他、ケージの選び方などうさぎを迎える前に知っておいて欲しい内容がまとまっています。

このページの先頭へ