うさぎの飲み水にミネラルウォーターやサーバーの水は安全?

初心者さんだけではなく、うさぎを飼育している人の多くが疑問に思っているのが、飲み水についてです。

我が家は水道水を与えていますが、中には「水道水はなんとなく不安だから、ペットボトルの水やレンタルサーバーの水を与えている」という人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、うさぎの飲み水について何が安全で何が危険なのかをまとめてみました。安易に購入した水を与えると尿結石などの病気の原因となることもあるため、ぜひ参考にしてみてください。

うさぎの飲み水に水道水を与えても危険はないの?

うさぎはとてもデリケートな上、グルメな生き物です。同じ商品名のペレットでも、季節やロットが違うだけで警戒して食べなくなることがあるほどです。もちろん、中にはまったく気にしない子もいるのですが。

体の小ささにともなって内蔵も小さいため、ちょっとしたことで病気になるリスクもあります。そのような事情から、食べ物には細心の注意をはらってあげるべきです。

では、やっぱり水道水を飲み水に使うのは危険なのでは?と疑問に感じるかもしれません。確かに、水道の蛇口から直接ウォーターボトルに注ぐのは安全とは言えません。水はもちろん、水道管の問題もあるためです。

<水道水を直接使うと安全ではない理由>
  • においの問題
  • 水道管のサビや汚れ

正直な話、水道水そのものは問題はありません。ただ、それは人間にとっての話であり、体の小さなうさぎにとって安全とは言い切れない部分があるのも確かです。

地域によっては、水道水のカルキ臭が気になることがありませんか?安全基準はウォーターサーバーの水よりも厳しく設定されている水道水には、消毒時に薬品を使用しています。一定濃度以下であれば問題ないとされている薬品です。

デリケートなうさぎの中には、こういった水のにおいの違いに警戒する子もいます。お迎えしたばかりの子はとくに、お店で飲んでいた水と違う水を与えられると、ストレスを感じやすいのです。

お迎えしたばかりの子が全く水を飲まないのであれば、水のにおいの違いに警戒している可能性があります。あるいは、新しいウォーターボトルに警戒しているのかもしれません。

その場合は、まず「飲み水である」ことを理解してもらいましょう。薬味皿などに水を入れてケージに入れてあげてください。ボトルのままでは飲まなかった子も、お皿に入れて飲みやすくするだけで飲んでくれるようになります。

水の味やにおいに慣れてからウォーターボトルに変えてあげましょう。我が家のうさぎもお迎え当初の3~4日くらいは、このような方法で水を飲ませていました。

においの問題を抜きにしても、気をつけなければならないのが、水道管そのもののサビや汚れが混入する危険です。新築の戸建てであれば問題はないのですが、中古住宅やマンションなどの集合住宅は、いつ取り付けられたか分からない水道管が未だに使われています。

水道管の中を通る水は綺麗な水ですが、なかには塩素などの薬品が入っているため、長時間使い続ければ水道管にサビなどのダメージが蓄積したり、汚れが付着することがあります。

もし、築10年以上の家に住んでいるのであれば、試しに真っ白なマグカップに水を汲んでみてください。一見すると綺麗な水に見えても、よく目をこらすとごく小さなゴミが入っていたりします。

水道水を直接ウォーターボトルに入れるということは、それらのサビや汚れなどからくるゴミも、知らずに入れてしまっているということです。水自体にそれほど大きな問題がなかったとしても、古い水道管を通る以上は、このような問題も考えてみてください。

ミネラルウォーターの危険性と水道水を安全に与える方法

では、やはりペットボトルのミネラルウォーターを購入するべきなのか、というと、実はそれも危険です。

ペットボトルの水は硬水と軟水などの種類があるように、採水地によって含まれるミネラルの量が異なっています。
うさぎにとってカルシウムの多い水は危険です。よって、ミネラルを多く含む市販のペットボトルの水は安全とは言えません。尿結石になるリスクがあります。

日本の水道水は地域によって多少のバラつきはあれど、すべて軟水の部類に入るため、ミネラルの量も少なめです。ミネラルの量を心配しなくて良い分、下手にペットボトルの水を購入するよりも、水道水を安全に飲む方法を考えた方が良いのです。

しかし、うさぎが水道水を安全に飲むためには、水道管の中のサビや汚れも取り除かなくてはなりません。他の個体以上にデリケートな場合は、カルキ臭も抜いてあげる必要もあります。

手っ取り早い方法は、浄水器を取り付けることです。しっかりした高級品を取り付けなくとも、ホームセンターで300円くらいで購入できるもので十分です。

↑こういうの。

むしろ、下手に複雑な構造の浄水器を買うと、不必要なミネラル成分が入り込んだりする可能性もあります。シンプルに、水道水のにおいや小さなゴミを吸着するだけの浄水器がおすすめです。

それでもにおいが気になる場合や、カルキ抜きもしっかり行いたい人は、水を一度沸騰させて冷ましてから使いましょう。沸騰させることでカルキ抜きの他、薬品などによるわずかな有害物質も取り除けます。

水道水より手軽な方法でうさぎの飲み水を用意する方法

とはいえ、浄水器はともかく、毎回沸騰させて冷ますのは時間がかかりますし、冷ましている間は場所もとります。水を大量に必要とする暑い季節などは、余計に面倒に感じることでしょう。

そのような時は思い切ってうさぎ用の飲み水を活用する手もあります。実は、うさぎ用の水がペットボトルで販売されているのです。うさぎ用なので、もちろん市販のペットボトルの水より安心して飲ませてあげられます。

その名も『うさぎのみず』です。この会社は他にもヘビやトカゲ用、ハリネズミ用、フェレット用と各ペットに合った配合の水を製造しているため、うさぎ用という言葉も信頼できます。

それぞれのペットにとって最適なバランスに調整された水なので、通常使いはもちろん、病気中の飲み水としてもおすすめです。我が家もお腹の弱い子のために使っていました。

試しに私自身も舐めてみましたが、味は普通の水と同じで、これといって変わったにおいもありませんでした。警戒心の強い子も、飲みやすい水です。

価格を気にする人もいると思いますが、正直、1ヶ月3千円かかるか否か程度です。飲む量や体の大きさなど、うさぎによって前後します。それでも1日に換算すると100円もかからないため、飼い主さんへの負担もそれほど大きくなりません。

水道水は心配だし、かといってカルキや有害物質を抜くために毎回水を沸騰させて冷めるまで待つのは面倒。そんな方は、こういったうさぎ用のペットボトル水を試してみてはいかがでしょうか。

人間が飲んでも問題ないため、災害時には人間とうさぎの両方の飲み水ストックとしても役立ちます。一部の大きめのペットショップや通販で購入できるため、何本かまとめ買いしておきましょう。

また、ペットボトルではなくウォーターサーバーの水で軟水のものを使えば、さらに安くなります。

うさぎに安心して使えるウォーターサーバー

ウォーターサーバーの水であれば、ペットボトルよりも安く、しかも大量に購入するので在庫切れの心配をせずに済む利点があります。

はっきり軟水と書かれていて、しかも成分の配合も分かるのは、フレール「千里の命水」というウォーターサーバー専用の水でした。超軟水なので、口当たりも優しい水です。

ナトリウム、カルシウム、マグネシウムといった一般的なミネラルウォーターに含まれる成分はすべて0。うさぎにとってこれらは尿結石など病気のリスクを高めるため、できる限り避けてあげたい成分です。

採水地は大阪の北部、北摂と呼ばれる地域の川です。国内採水で国内パッキングなので、人間も安心して飲めます。

個人的に魅力的なのは、ボトルが使い捨てタイプなところです。こういったウォーターサーバーの水は大きなボトルをリサイクルしているケースが多く、何となく潔癖症な人には使いにくさがありました。

千里の命水は、燃やしても環境を壊さない素材で作られたエコバッグなので、そのまま捨てられます。どこの家で使われたのか分からないボトルを使いまわされる心配がありません。空容器の保管場所も考えずに済みます。

また、ウォーターサーバーにありがちな衛生面の問題もクリアしているのが千里の命水の特徴です。

実は一般的なウォーターサーバーはあまり衛生的ではないことをご存知でしょうか。水を出す際に空気をボトル内に取り込み、その圧力で水を押し出しているのですが、その際に使われる空気は室内の空気です。

フィルターを通しているとはいえ、室内の空気が飲み水のボトルに注がれていくのはゾッとしませんか?そのフィルターもメンテナンスの手間がありますし、素人では万全な清掃は難しいものです。

このボトル内に入っていく空気が雑菌繁殖を引き起こすと危険視する声もあり、正直、私もこの可能性が怖くてウォーターサーバーの水は飲めません。

千里の命水はこの心配がなく、柔らかいエコバッグに直接穴を開けて水を出す方式になっています。水の自重で自然に流れてくるので、どんなに大量に注いでも室内の空気がボトル内に入り込むことはありません。

今の所、同じような構造のウォーターサーバーを他には知らないのですが、個人的にもしウォーターサーバーの水をうさぎに飲ませるのであれば、こちらの千里の命水のような構造と成分のものがおすすめです。

うさぎの飲み水にミネラルウォーターは安全か?まとめ

カルシウムやマグネシウムといった成分の配合率を考えると、ミネラルウォーターはうさぎに与えない方が良い水ワーストワンと言っても過言ではありません。

日本の水道水がすべて軟水であることを考えると、水道水の方が何倍も安全です。地域ごとに硬度は異なりますが、それでもペットボトルで販売されている水を購入するよりも安全ですし、安く済みます。

ただし、浄水器だけは忘れないであげてください。おすすめはシンプルに炭でろ過してゴミやにおいを除去してくれるタイプです。大掛かりな設置も必要ないので、すぐに取り付けられます。

安全性が高いとはいえ、カルキ臭が気になったり水道水自体に抵抗があるという場合は、ペットショップでうさぎ専用の飲み水を購入する手もあり。月に3千円程度なので、うさぎのエサ代を含めても1万円かからないはずです。

また、近年では各家庭にあっても珍しくないウォーターサーバーも、モノによっては活用できます。多くの会社がウォーターサーバー用の水を販売していますが、選ぶ際はいくつかの基準をチェックしましょう。

  • 軟水であること
  • 衛生的であること
  • 安全性が証明されていること

重要なのは、この3つです。ミネラル分の心配がない軟水で、衛生的に使える構造のものを選んでください。また、できればきちんと安全性を調査されていることが証明されているものを探しましょう。

今回ご紹介した千里の命水は、超軟水でカルシウムなどは含まれておらず、ボトルも空気による押し出しではないので衛生的に最後まで使えます。第三者と自社での検査も行われ、安全性が証明されています。

このようなウォーターサーバーの水であれば、安心してうさぎにも人間にも使えます。うさぎの飲み水を水道水以外で探す際は、このように成分と安全性の両方を考えて選ぶようにしてください。

今回ご紹介した千里の命水は、以下の公式サイトで安全性や成分が確認できます。



>>『フレール「千里の命水」』公式サイトへ



うさぎの夏の暑さ対策をまとめました。

うさぎの夏の暑さ対策、飼育方法の注意点はこちら





コメントを残す




サブコンテンツ

我が家のうさぎに使ってるのん。

☆それぞれ画像クリックで各商品の詳細ページに飛べます☆

うさぎのエサ~おすすめ!ペレット~

シニア用ペレット。小麦粉不使用の獣医師監修が魅力です。中身が小袋で分けられているので、新鮮さを重視する飼い主さんにおすすめ。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆
※2016年4月から毛球症対策機能つきの新タイプにリニューアルしました。


⇓⇓子うさぎ・若いうさぎ用はこちら⇓⇓ 

↑ こちらは0歳~7歳用。
7歳以上の若い子は↓のものを。



うさぎのエサ~うさぎのための水~

うさぎの体に合わせて成分調整された水です。お腹の弱いうちの次男坊がお世話になったアイテム。子うさぎや病気がちなうさぎちゃんに最適です。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆


大きな飲み口のウォーターボトル。ネザーランドドワーフ系には大きすぎますが、小型ではないうさぎちゃんには一度にたくさん飲めるのでおすすめです。
※ケージに沿ってまっすぐ立てるように設置するのがポイント。大口なので斜めだと水漏れしちゃいます。

あると便利なもの~うさぎ飼育に役立つグッズ~

うさぎ用トイレにおすすすめのシート。犬用ですが薄手で折りたたみやすく、三角トイレにも四角トイレにも使えます。
余計な成分も入っていないので安心。コスパも良いので管理人もずっと愛用しています。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆


うさぎの毎日のブラッシングに。全体がラバーのみでできているので、丸洗いできて清潔。
柔らかいラバーはごっそり抜け毛を取ってくれるのに、うさぎの肌にも優しいです。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆


うさぎの涙や体の汚れをふき取るのに便利な洗浄スプレー。犬猫のイラストが入っているパッケージですが、うさぎ専門店でも推奨されている商品です。
お風呂はうさぎにとってストレスなので、体の汚れや涙はこのスプレーで部分洗いしてあげましょう!
⇒⇒☆関連記事はこちら☆

うさぎ関連本~もっとうさぎと仲良くなる~

うさぎの行動やしぐさに隠された「うさぎの気持ち」や「言葉」を解説してくれています。
初心者さんは勿論、うさぎを長く飼っている人にもおすすめ。四コマ漫画はうさぎ飼いならではの「あるある」がたくさんで、ほっこりします。



写真が一杯で見るだけでも楽しい本。分かりやすい書き方でショップでの選び方も説明されているので、うさぎを初めて購入しに行く人におすすめの本です。
食べさせてはダメな草花についても書かれているため、うさんぽさせたい飼い主さんも是非一冊は持っておいて欲しいです。



こちらも初心者さんに優しい書き方をしてくれています。うさぎが食べてはいけない食べ物の他、ケージの選び方などうさぎを迎える前に知っておいて欲しい内容がまとまっています。

このページの先頭へ