うさぎに与えても良いジュースはあるの?スポーツドリンクなど

うさぎの飲み物といえば水。番外として、小動物用ミルクが挙げられます。

おやつにドライフルーツを与えている飼い主さんは、ふとこのことを疑問に思ったことはありませんか?

「ドライフルーツはあげられるのに、フルーツジュースはだめなの?」と。

そこで今回は、うさぎが飲めるジュースはあるのか?をご紹介します。間違った与え方で虫歯や病気にさせないよう、水以外のものを与える前に注意点を知っておいてください。

うさぎが飲めるジュースは?与え方は?

b834fe98270cdacc5c012b20edae0a56_s

結論から言うと、うさぎが『飲める』ジュースはあります。パイナップルジュース、りんごジュース、スポーツドリンク、青汁、飲むヨーグルトなどです。(スポーツドリンクや飲むヨーグルトは厳密にはジュースではないですが)

パイナップルやりんご、青汁あたりは100%果汁のもの、添加物のないものが基本ポイントです。ジューサーやおろし器で手作りしてあげると安心です。青汁はフルーツ過多や食べてはいけない野菜が含まれている商品も多いため、配合物が少ない純粋な青汁を与えましょう。

ただし、ここで注意したいのが『日常的に与えて良いものではない』ということ!

本来うさぎはジュースを飲む必要のないため、ジュースをおやつ代わりにするのは厳禁です。ヨーグルトや青汁あたりは健康面を考えてこまめに与えても良いとも言えますが、糖分が多く含まれているため、虫歯のリスクがあります。

パイナップルジュースが毛珠症対策になるという説があったそうですが、現在では疑問視されています。単純に飲めるというだけで健康的な効果はないため、個人的にはおすすめしない飲み物です。

りんごジュースやスポーツドリンクは、体調が芳しくないウサギの介護食としても獣医さんにすすめられることがあります。薬を飲みたがらない子に、りんごジュースやスポーツドリンクに混ぜて与えると薬をすすんで飲んでくれるようになるためです。

健康的な理由から、ではないため、健康なうさぎにりんごジュースやスポーツドリンクは無意味と言えます。我が家でもごくたまにりんごジュースをおやつとして少量与えることはありますが、数ヶ月に1回あるかないかというごく少ない頻度です。日常的に与えるのは危険の方が高いため、止めましょう。

また、糖分だけではなく味も濃いため、水で薄めて与えます。

うさぎにジュースを与える時の注意点~添加物と虫歯に注意~

ご紹介したパイナップルジュースなどは、あくまでうさぎが飲むことのできるジュース、というだけです。積極的に与えるべきというものではないため、与える際には注意しましょう。

<ジュースの与え方>
  • 100%や無添加のものを選ぶ
  • 安全か不明なものは飲ませない
  • 水で薄味にする
  • 毎日与えない
  • 獣医の指示がない限りスポーツドリンクは避ける

基本的な注意点はこの5点です。安全か不明なものは、たとえばブドウジュースなど。ブドウ自体が獣医によって意見の分かれる食べ物で、獣医によっては「中毒の危険がある」と禁止することもあります。これは犬がブドウ中毒になる例があるためで、うさぎも可能性があるのでは、という考えによるものです。

水で薄めて飲ませるのは、濃度や糖分の問題もありますが、うさぎがジュース以外飲まなくなる危険もあるため。うさぎも甘くて美味しい食べ物は大好きです。ジュースの甘さや美味しさを覚えてしまうと、元気な時でも水を飲まなくなってしまいます。

毎日与えるのもご法度。介護中で獣医の指示がある場合は別ですが、基本的に甘いジュースを毎日与えるのは虫歯のリスクを高めるだけです。うさぎは歯に関するトラブルが多いです。虫歯になると顎に膿がたまってコブのようなものができることもあります。

飲めるものとしてスポーツドリンクも挙げましたが、獣医さんの指示がない限り避けましょう。本来自然界にあるものではない上、100%ジュースに比べて添加物も砂糖も多いです。あくまで薬を飲みやすくするための飲み物で、獣医の指導が必要なものだと思ってください。

個人的におすすめなのは、飲むヨーグルトと小動物用ミルク(こんなの→→『ワンラック (ONE LAC) ペットミルク』)です。獣医さんによっては、ヨーグルトはR-1をすすめられることもあるそうです。こちらも純粋なヨーグルトを与えましょう。寒天やゼラチンなど余計なものが含まれているものは避けるべきです。

うさぎ用スポーツドリンクも販売されています!

獣医にすすめられたからと言って、体調の悪いうさぎに人間の飲み物を与えるのはちょっと不安ですね。そんな時は、うさぎ用のスポーツドリンクを試してみるのも良いでしょう。

>>『アクアコール 5個セット + アクアチャージャー300』詳細ページへ

こちらのアクアコールは、うさぎ用のスポーツドリンクです。我が家にも災害などの非常時にストレスで水が飲めなくなった時のために購入して保管しています。賞味期限は大体2年くらい。

日本企業が販売しており、説明書きによると犬や猫にも与えることができるとのこと。原材料は『ブドウ糖、塩化ナトリウム、塩化カリウム、炭酸マグネシウム、乳酸カルシウム、炭酸水素ナトリウム』。

成分だけ見ると人間用のスポーツドリンクとの差はないように見えますが、、有名なうさぎ専門店でもこのアクアコールを体調の悪いうさぎ用におすすめしているため、人間用を与えるよりは安心できそうです。

こちらも他のジュース同様、甘みがあるため嗜好性の高いものです。体調が悪い時に水分をとらせるためのものとして考え、普段の飲み水として使用することは避けましょう。介護中で獣医の指示があった場合は指示通りに与えてください。

粉で一回分(水200ml分)ずつ小分けにされているため、うさんぽ先へ持って行くのも良いでしょう。出先でバテて水を飲まない時などに試してみてはいかがでしょうか。

非常時用に保管しておくつもりの飼い主さんは、ボトルや水もセットで用意しておくと安心です。ボトルがあると蓋を閉めてシェイクすれば混ざるので、マドラーやスプーンなど混ぜるためのものがいりません。

うさぎに与えて良い飲み物と注意点まとめ

うさぎに与えても良い飲み物は、果汁100%や無添加のもの。パイナップルジュースやりんごジュースは前例もあるため、時々であれば薄めて飲ませてあげられます。

毎日のおやつ代わりに与えると水を飲まなくなったり虫歯になったりと悪い結果しか待っていません。美味しいものを夢中で飲んでいる姿は可愛いですが、健康に長生きしてもらうためにも、むやみやたらに与えるのは控えましょう。

安全面を考えるなら、やはりうさぎ用に作られたものがおすすめ。小動物用ミルクの『ワンラック (ONE LAC) ペットミルク』は簡単に手に入ります。

ただし、尿結石にはカルシウムの取りすぎに注意する必要があります。ミルク類は避けた方が良い飲み物です。尿結石に限らず血糖値が高かったり肥満だったり、甘いものをなるべく避けるべき病気や体質の子もいます。

健康面に不安があるうさぎは、ジュースを与える前に獣医に相談してみましょう。



冬に向けてうさぎの寒さ対策は万全に!

うさぎの冬の寒さ対策まとめはこちら





コメントを残す




サブコンテンツ

我が家のうさぎに使ってるのん。

☆それぞれ画像クリックで各商品の詳細ページに飛べます☆

うさぎのエサ~おすすめ!ペレット~

シニア用ペレット。小麦粉不使用の獣医師監修が魅力です。中身が小袋で分けられているので、新鮮さを重視する飼い主さんにおすすめ。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆
※2016年4月から毛球症対策機能つきの新タイプにリニューアルしました。


⇓⇓子うさぎ・若いうさぎ用はこちら⇓⇓ 

↑ こちらは0歳~7歳用。
7歳以上の若い子は↓のものを。



うさぎのエサ~うさぎのための水~

うさぎの体に合わせて成分調整された水です。お腹の弱いうちの次男坊がお世話になったアイテム。子うさぎや病気がちなうさぎちゃんに最適です。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆


大きな飲み口のウォーターボトル。ネザーランドドワーフ系には大きすぎますが、小型ではないうさぎちゃんには一度にたくさん飲めるのでおすすめです。
※ケージに沿ってまっすぐ立てるように設置するのがポイント。大口なので斜めだと水漏れしちゃいます。

あると便利なもの~うさぎ飼育に役立つグッズ~

うさぎ用トイレにおすすすめのシート。犬用ですが薄手で折りたたみやすく、三角トイレにも四角トイレにも使えます。
余計な成分も入っていないので安心。コスパも良いので管理人もずっと愛用しています。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆


うさぎの毎日のブラッシングに。全体がラバーのみでできているので、丸洗いできて清潔。
柔らかいラバーはごっそり抜け毛を取ってくれるのに、うさぎの肌にも優しいです。
⇒⇒☆関連記事はこちら☆


うさぎの涙や体の汚れをふき取るのに便利な洗浄スプレー。犬猫のイラストが入っているパッケージですが、うさぎ専門店でも推奨されている商品です。
お風呂はうさぎにとってストレスなので、体の汚れや涙はこのスプレーで部分洗いしてあげましょう!
⇒⇒☆関連記事はこちら☆

うさぎ関連本~もっとうさぎと仲良くなる~

うさぎの行動やしぐさに隠された「うさぎの気持ち」や「言葉」を解説してくれています。
初心者さんは勿論、うさぎを長く飼っている人にもおすすめ。四コマ漫画はうさぎ飼いならではの「あるある」がたくさんで、ほっこりします。



写真が一杯で見るだけでも楽しい本。分かりやすい書き方でショップでの選び方も説明されているので、うさぎを初めて購入しに行く人におすすめの本です。
食べさせてはダメな草花についても書かれているため、うさんぽさせたい飼い主さんも是非一冊は持っておいて欲しいです。



こちらも初心者さんに優しい書き方をしてくれています。うさぎが食べてはいけない食べ物の他、ケージの選び方などうさぎを迎える前に知っておいて欲しい内容がまとまっています。

このページの先頭へ